株主優待券販売日記

2020年10月28日

ANA株主優待券の有効期限が延長に!

ANA期限延長に

ANA株主優待券の有効期限延長

ANA有効期限延長

即納品ですぐに手元に届くANA・JAL株主優待券の販売サイト「ANA・JAL株優即納サービス」をいつもご覧いただきありがとうございます。

ANA・JAL株主優待券の販売価格にも影響があるかもしれません。
2021年5月31日までが使用期限の全日空ANA株主優待番号ご案内書(株主優待券)の有効期限が半年間延長され、2021年11月30日までになることが発表されました。
公式ホームページでの発表はこちら

それにしても早い発表に驚いています。

前々回の延長の時は使用期限が切れる1カ月前で、前回は5カ月でした。
それに比較して、今回はまだ7カ月も有効期限を残しての発表です。
個人的には次に最新のANA株主優待券が発送されてから、年末か年始に発表かと思っていましたので驚いています。
前例があったので決めやすかったも早い理由の1つだと思います。
でも、よくよく考えてみると今回延長になったANA株主優待券は発行された時にすでにコロナの影響で減便体制真っただ中だったので、まったくコロナと関係がなかった時に発行された過去の2回の時の優待券より延長を決めやすかったのかもしれませんね。
明日以降この発表を受けてANA・JAL優待券の販売価格に何か動きがあるのかも注目です。

それにしても相次ぐ延長で情報が間違って伝わっているようなところもあるのは困りものです。
前回の2020年11月30日→2021年5月31日に延長された時も、一部で延長後に11月30日なった優待券も再延長になったと誤解している方がいました。

今回のANAのホームページにはそのような誤解回避のための工夫も見られます。

例えば券面記載の有効期限が2020年5月31日の株主優待券については「有効期間を2020年11月30日まで延長いたします。※こちらの株主優待番号につきましては、有効期間の再延長はいたしません。」と掲載されています。

どうしても自分に都合の良い解釈で情報が伝言ゲームのようになることがあるので、正確な情報は公式ホームページで確認していただくことをオススメいたします。

JALも延長に?

JALも延長か

こうなってくると気になるのはJAL日本航空がどう動いてくるかです。
いままではANA全日空の3日~1週間程後に同じような内容で期限が延長されてきたので、今回も同じような動きになることを期待される方も多いのではないでしょうか?
となると月末でもある今週末あたりがあやしいような気がしませんか?

価格はどうなる?

価格はどうなるのか

もしJALも有効期限を延長したとして、今後のANA・JAL株主優待番号の販売価格はどうなるのでしょうか?
1)今回有効期限が延びたANA・JAL優待券の販売価格が上がる
2)以前に有効期限がのびて2020年5月31日になったANA・JAL株主優待券の販売価格が下がる
3)何も変わらない

3つの中のどれかだとすると3)→2)→1)の順番で可能性が高いのではないかと考えています。
もう少し深く考えると、しばらくは何も変わらない状態が続き、そのうち以前に有効期限がのびて2020年5月31日になった優待券の販売価格が下がるのではないかと思います。
1)については瞬間的はあるのかもしれませんが、ANA・JAL優待券価格が継続して上がることはまずないと思います。

今は何がおきても、よほどのことがない限りANA・JAL株主優待番号の販売価格が大きく上がることは考えづらい状況です。

逆に下げ要因は周囲を見渡すとゴロゴロしています。

まず10月から11月に月が変わることです。
11月はANA・JAL株主優待券の最新券が発送される月です。
たった数日ですが10月終盤と11月では、この最新券の発行に対する気持ちがまったく変わってきます。
月が明けると急に目の前に最新券の発行が迫ったような気になるのもです。
最新券の発行は市場流通枚数が増え、我々にとっては黙っていても入荷が増えてくるので当然価格は安くなる方に傾きます。
今回は実際に配布されると、恐らく史上最大の流通在庫ということになりそうなので、価格にかなりの影響がある可能性があります。

もう1つは年末が近づいてくることです。
年末・年始は需要期でANA・JAL株主優待番号の販売価格は上がると思われている方も多いのかもしれません。
実は逆で、ここ数年のデータを見ているとまだこれから年末に向かっては、緩い坂をゆっくりと転がるようにANA・JAL株主優待券の販売価格は下落傾向になります。
以前はこの傾向が1月中旬まで続くことが多かったのですが、ここ数年は年末又は年始に底を迎えることが多くなってきました。
いずれにしても少なくとも年末に向けては、価格の下落が起こりやすい時期になります。

では今年もその下げ要因に価格は反応してくるのでしょうか?
現状でもかなりの安値圏なので、価格自体は下がる可能性は高いですがそれほど大きな下げにはならないと思います。
ただし、長期に渡って安値圏に張り付いた状態になるのではないかと考えています。

更に大きな下げになるとすると、来年5月末に有効期限を迎える券が相当あると思いますので、それが値崩れし始める時期だと思います。

また、更にその次の来年11月にはANA・JALそれぞれ2種類の優待券が有効期限切れになりますので、この時も大きな下げの可能性がありそうです。

いずれにしても当サイトとしてはANA・JAL株主優待券をできるだけ安く販売するように心がけます。

« 17連休⁉本当ですか? | ANA株主優待券の発送日 »

ページトップへ

注意事項 (はじめての方は特によくお読みください)