2021年5月9日

ANA・JAL株主優待券で徳島最終章

徳島最終章

このところANA・JAL株主優待券販売日記で続けてきました徳島県のご紹介ですが、かなり南まで来まして今回が最終回です。

ANA・JAL株主優待券で厄除けのお寺へ

厄除け

前回の阿南の「太龍寺」から続けてにはなりますが、もう1つ四国八十八か所の札所からご紹介したいと思います。
「太龍寺」からクルマですと30~40分ほどのところにあるのが「薬王寺」。
国道55号線を南下していくと日和佐の町に入ったあたりで、山の中腹に朱色の塔が見えてきます。
そこが四国第23番霊場の「薬王寺」です。
亀神3年(726年)の創建という古刹です。
こちらは「薬王寺→やくおうじ→厄追う」から厄除け祈願が有名なお寺です。
途中の三つの階段は厄坂と名付けられています。
仁王門を入り、下から順に、女厄坂33段、絵馬堂から本堂への男厄坂42段、そして瑜祇塔へと続く男女還暦厄坂61段。
厄坂石段の下には小石に書かれた薬師如来の経文がおさめられており、一段づつ一円玉を置きながら登って厄を落としていくことで厄払いになります。

当サイト販売のANA・JAL株主優待券を購入される大半の皆様は厄年ではないと思いますが、自分の年の数だけ一円玉を置きながら上がっていくことで、日ごろの日常的な厄を落とし気持ちもリセットできるのでお勧めです。
境内には本堂や薬師堂、先ほど国道から見えていた瑜祇塔などがあります。
ご本尊は火災の際に自ら飛び去って焼失を逃れたと伝えられており、堂塔が再建されて新たな本尊が彫られた時に元の本尊も飛んで帰り後ろ向きに厨子に入ったとされているため「後向薬師」と呼ばれています。
二体のご本尊がいらっしゃるので本堂の表と裏の両方から参拝できるようになっています。
ANA・JAL株主優待券販売日記でオススメしたいのは本堂の裏に祀られている肺大師。
足元からラジウムを含んだ霊水が湧き出ています。
肺の病に効くということなので新型コロナ肺炎除けにお参りされてはいかがでしょうか?

お寺の隣に温泉施設もあります。
弘法大師が見つけたとされる泉源で、ここから湧き出る霊水で諸病に苦しむ人々を助けたと伝えられていますので、ここで旅の疲れを取られるのもいいのではないでしょうか?
薬王寺の公式ホームページはこちら

奇跡の遺産「千年サンゴ」

千年サンゴ

薬王寺のある日和佐から国道をさらに室戸方面に20分程走ったところにあるのが牟岐町。
ここが次に当店が販売していますANA・JAL株主優待券を購入される皆様に御紹介したい場所です。
1000年サンゴといわれる巨大なクリスマスツリーのようなサンゴがあり、数年前まではここはダイビング関係の方達にも有名な場所でした。
サンゴは高さ9メートル下部の周囲が30メートルもある巨大なもので、成長速度から推定1000年を超えるのではないかといわれてます。残念ながらダイビングのお店は閉鎖されてしまったようです。

そのかわりここにはANA・JAL株主優待券販売日記もオススメする体験プログラムがあります。
お子様とご一緒のANA・JAL株主優待券販売のご利用ユーザー様に御紹介したいのが、無人島でバーベキュー。
近くの港から15分ほどのところにある周囲約8キロメートルの無人島に上陸してバーベキューが楽しめます。
島の名前は「牟岐大島」。
6月下旬~9月下旬までの期間限定で、食材等はご自身でご用意していただかなければいけません。
普通のキャンプ場や河原とは違い、無人島でのバーベキューは何か探検心をくすぐられるのでいつもとは違うワクワク感があります。
きっとお子様にとっては忘れられない貴重な体験になること間違いありません。
バーベキューとセットで釣り体験やSUP(スタンドアップパドルボー=立ちこぎボート)を体験することも可能です。

ANA・JAL株主優待券販売日記おススメのお宿

お宿

この牟岐の町には、私共販売のANA・JAL株主優待券をご購入のお客様の是非お泊りいただきたい宿もあります。
旅館の名前は「砂美かたやま」。
お部屋は和室・洋室だけでなく、ロフト付きのお部屋もあるのでお子様も大喜びです。
ANA・JAL株主優待券販売日記がここのお宿で一番オススメするのは食事。
地元で水揚げされた魚介類がたっぷり楽しめます。
白甘鯛、アオブダイ、鰆、太刀魚、間八の新鮮なお刺身がきれいに盛り付けられてたっぷりと提供されます。
名物はきんめの煮つけ。
お酒にも御飯にもぴったりで何杯でもお代わりしたくなります。
伊勢エビが付いたプランもありますが、かなりのボリュームになりますので少食の方はご注意ください。
宿では生け簀でアワビやサザエ・トコブシなども生かしているので、追加料理の相談も可能です。
さらにデザートまで手作りという最後まで全力投球のコースです。
もちろん朝ごはんも手作りの干物で大満足。
最近知ったのですが若い料理長さんは東京の一流ホテルで腕を磨いたとのこと。
最強の腕と食材ですから美味しくないわけがありません。
ANA・JAL株主優待券販売日記ではいつも本当にこの価格でいいのかと思ってしまうくらいです。

いかがでしたでしょうか徳島県の旅。
今回は北から南に主に海沿いをご紹介しましたが、いつか内陸の徳島もANA・JAL株主優待券販売日記でご案内したいと思います。

 

« ANA・JAL株主優待券でさらに南へ | 企業の皆様いかがでしょうか? »