2021年4月11日

ANA・JAL株主優待券利用で行く指宿

指宿へ

ANA/JAL株主優待券で指宿へ

指宿の魅力

ANA・JAL株主優待券販売日記をご覧いただき、有難うございます。
本日のANA・JAL株主優待券販売日記は前回に引き続き、当サイト販売のANA・JAL株主優待券を購入されるお客様に、薩摩半島のオススメスポットをご紹介したいと思います。
今回は薩摩半島の中でもさらに南の指宿~枕崎を取り上げます。
このエリアは鉄道ファンにとっては日本最南端のJRの駅があり有名なところですが、観光やグルメでも注目するようなものがたくさんあります。
最初に当店販売の格安ANA・JAL株主優待券をご購入される方にオススメしたいスポットは指宿です。

指宿のおススメスポット

おススメ指宿

ここの海には全国的にも珍しい無人島があります。
その無人島のなまえは「知林ヶ島」。
沖合に浮かぶ小さな無人島ですが、3月から10月の間の大潮の干潮の時に長さ800メートルの砂の道が現れて、島まで歩いて渡れるようになります。
砂の道が陸と島を「結ぶ」ことから縁結びの島とも呼ばれていて、カップルの聖地になっています。観光協会のホームページでは道の現れる日を予測して公表されていますので、当サイト販売のANA・JAL株主優待券を購入される前に確認されてみてはいかがでしょうか?
指宿市観光協会のホームページはこちら

景色を楽しまれたい方にはANA・JAL株主優待券販売日記では「長崎鼻」をオススメしています。
「長崎鼻」は薩摩半島の最南端に突き出ている岬です。
ここは薩摩富士とも呼ばれる開聞岳を眺めるのにベストスポットです。
弓なりの砂浜と海越しに見える開聞岳はきれいな三角錐で、いつか見たポスターのような風景が広がっています
さらに南の方に視線を移すと、天気のいい日には屋久島が見えることもあります。
全国の岬の中でも最果て感をかなり感じられる岬で、地球が丸いことを実感できます。

ここは南九州屈指の温泉地ですが、せっかくここまで来たのですから是非名物「砂むし温泉」に入られることをANA・JAL株主優待券販売日記ではオススメいたします。
その名の通り暖かい砂の中に入る入浴法。
「砂むし会館 砂楽」さんで入浴することができます。
ここにも訪れるタイミングがあるのはご存じでしょうか。
こちらには「波打ち際」と「全天候型」があります。
私共が販売するANA・JAL株主優待券をご購入のお客様には是非「波打ち際の砂むし温泉」を体験いただけたらと思います。
「全天候型」でも雰囲気を十分に楽しめますし、効能も変わりません。
でもせっかく訪れたのですから波の音をBGMに入れる「波打ち際」の方がいいと思いませんか?
入ることができるのは大潮の干潮時に限ります。
月に数日間で1日1~2時間程度の時間です。
天候にもより荒天時は入れないこともあります。
事前に問い合わせすれば、可能な日時を教えてもらえます。

さて、この浴場ですが、砂の温度は50~55度で熱そうに聞こえるかもしれませんが、レンタルした浴衣を着用して入るのでちょうどいい温度です。
むしろ砂をかけてもらった直後は物足りないぐらいの温度ですが、数分もすると汗が噴き出してくるのがわかります。
それも普通のお湯とはまったく違う感覚で体があたたってくるのです。
カラダの表面から芯に温度が伝わるのではなく、まず体の芯が温まりそれがだんだんと広がっていくような感じがします。

ANA・JAL株主優待券販売日記では他にもいろいろな温泉をご紹介しましたが、お湯につかる温泉ではまずない感覚です。
それと砂の重さもANA・JAL株主優待券販売日記としては、大いに気に入っています。
体全体で20~30キログラムがかけられるそうですが、これが適度な圧迫感で極楽気分。
例えるなら全身をエアーマッサージで程よく締め付けられているような感じとでも言うのでしょうか?
それに並みのBGMと風の爽やかさが加わったら、本当に最高の気分でとろけてしまいそうです。
デトックス効果も通常の温泉よりあるようなので、当サイト販売のANA・JAL株主優待券をご利用の方には是非オススメいたします。

ANA・JAL株主優待券販売日記お勧めの民宿

民宿へ

宿泊でもご紹介したいところがあります。
民宿「たかよし」さん。
外観は新しいですが、普通の一般の家のようです。
お風呂も温泉ですが、それほど広くなくANA・JAL株主優待券販売日記では基本的に「砂むし会館 砂楽」を利用して、夕ご飯後や朝にちょこっと入浴する程度です。
部屋も清潔ですがそれほど広くなく、景色も良いとはご紹介できません。
それでもここに宿泊するのは、とにかく料金は格安で料理がとにかくスゴイ!
まず量もかなり多くてご飯までなかなか行きつきません。
内容も小鉢・キビナゴなどの地魚お造り・黒豚なんこつ煮・さつま揚げ・豚のしゃぶしゃぶなどと地元のモノを実にバランス良く出してくれます。
特にさつま揚げは自家製でできることならお土産に購入して帰りたいくらいです。
当然お味も美味でおそらくすべて手作りではないかと思います。
家庭料理と謙遜されていますが、あちこちに出かけていらっしゃる当サイト販売のANA・JAL株主優待券のご利用の皆様には、見た目豪華な旅館やホテルの食事よりきっとお口に合うのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?
今回のANA・JAL株主優待券日記もまた力が入ってしまい、指宿のご紹介だけになってしまいました。
次回はさらに足をススメテ枕崎方面に向かい格安ANA・JAL株主優待券を購入される方へ役立つ情報をお届けしたいと思います。

お急ぎの飛行機利用は、出発当日でもANA/JAL格安航空チケットを割引購入に利用できる当サイト販売の株主優待番号通知を是非ご活用ください。

« ANA・JAL株主優待券利用で行く知覧 | ANA・JAL株主優待券で最果て枕崎 »