2021年3月2日

メール納品ANA・JAL株主優待券で呉へ

呉へ

メール納品ANA・JAL株主優待券で呉へGo

休日に呉

いつも私共販売の格安ANA・JAL株主優待券をご購入いただきありがとうございます。
前回に引き続いてメール納品販売のANA・JAL株主優待券を購入されたお客様への呉のオススメスポットをご紹介します。

最寄りの広島空港にはANA・JALで新千歳・羽田・那覇からの路線があります。
また仙台空港からIBEXがANAコードシェア便で就航しています。
これらの空港からですと、当サイト販売のANA・JAL株主優待番号のメール通知をご購入いただければ割引適用になります。
前回このANA・JAL株主優待券販売日記でご紹介したのは「大和ミュージアム」、「ポパイの肉玉ライス」、お土産でふりかけの「旅行の友」でした。
今回は前回お土産の購入でお伝えした「ゆめタウン」からほど近い「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」を当サイト販売のANA・JAL株主優待券をご購入のお客様にオススメいたします。

呉は昔は海軍の町、今は海上自衛隊の町です。
町中で制服姿で歩いている海上自衛隊さんを見かけます。
特に若い水兵服姿の方を見かけると、少し時代がわからなくなるような不思議な町です。
その町の駅前すぐに、「ゆめタウン」や「大和ミュージアム」があります。
ここを当サイト販売のANA・JAL株主優待番号のメール通知をご利用で行かれるお客様におすすめする一番の理由は、本物の海上自衛隊の潜水艦を展示しているからです。

本物といっても現役では無くすでに退役していますが、それでも実物の海上自衛隊の潜水艦を展示しているところは日本でここだけです。
ANA・JAL株主優待券販売ご利用のお客様も、まず第一印象は「デカイ!」ではないでしょうか?
船は潜水艦に限らず水面下を普段は目にすることはないので、陸上で全体を見ると大きく感じるのもですが、特に大きい。
後ろの建物とほぼ同じ大きさです。
展示している潜水艦は「あきしお」という名前です。
外観を見学したら実際に乗艦して士官室や乗員の居住空間の見学できます。
当サイト販売のANA・JAL株主優待番号のメール通知をご購入された方に特に体験いただきたいのが、発令所の潜望鏡から見る呉港の景色です。
更に併設されている展示室では海上自衛隊の歴史や潜水艦の構造などがにも触れることができます。

1階にはカフェがあり潜水艦「あきしお」第10代艦長が認定の「あきしおカレー」といったメニューもあります。
旧海軍時代から洋上では曜日感覚がなくなるので、毎週金曜日のお昼はカレーだったそうです。
海に潜ったままの潜水艦ではなおさら曜日が分からなったでしょうから、金曜のお昼にはさぞかし美味しいカレーが提供されたののではないでしょうか?
それが味わえることもANA・JAL株主優待券販売のオススメ理由の1つです。
それともう一つANA・JAL株主優待番号のメール通知をご購入の方へ。この施設はなんと入館無料です!

ここだけの空気感を!!

レッツゴー

「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」で潜水艦の知識を学んだ方には、現役の潜水艦をご覧いただける場所をご案内いたします。
当サイト販売のANA・JAL株主優待番号のメール通知をご購入された方にご紹介する、現役の潜水艦が見えるスポットは「アレイからすこじま」です。
国内で唯一、潜水艦を間近で見ることができる公園で、潜水艦や護衛艦が停泊しています。
ほとんどの方は海際で艦艇を見学されるのですが、当サイト販売のANA・JAL株主優待番号を購入されたお客様には密かにお教えしたい場所があります。

駐車場からアレイからすこじま公園までの下り坂、海に向かって右手の山に長ーい階段が続いています。
その道を上がっていくと途中で港が見下ろせる場所があります。
ここに来ると護衛艦の全体をやや上から見ることができます。
まずここから全体を眺めてから海際に行き、近くで見るというのがANA・JAL株主優待番号のメール通知ご購入のお客さまにオススメです。
それとここは行かれる時間も大事ではないかと思います。
ANA・JAL株主優待番号のメール通知をご購入の方に、是非行っていただきたいのは夕暮れ時です。
港に沈んでいく夕日はもちろん綺麗ですが、この時間はなにか不思議な感覚を味わうことができます。
水兵服姿の方たちも御昼間とは違い勤務が終わった後は、緊張感も解け何か穏やかな雰囲気を感じます。
その姿と夕暮れが重なると、今がいつの時代かが分からなくなるようなレトロな空気が周辺を支配します。
こんな空気感は呉の夕暮れでしか味わえないと思います。

また少し足をのばして海上自衛隊 呉地方総監部第1庁舎あたりで通勤帰りなのか歩いている水兵服姿の方を見るのも、ANA・JAL株主優待番号のメール通知をご購入の方に見ていただきたい風景です。

最後にANA・JAL株主優待券販売日記でお勧めしたいのは、この夕暮れの空気感を引きずりながら訪れる灰ケ峰の夜景です。
クルマで30分ほどなので、町で夕暮れに浸ってから行くとちょうど夜景の時間になります。
個々の夜景は結構角度があり見下ろすようにな感じで楽しめます。
ANA・JAL株主優待番号のメール通知販売をご購入のお客様の頭の片隅にでも覚えておいていただきたいのは、夜景の光の太いところなぞるとひらがなの「くれ」と読めます。
是非、試してみてください。

いかがでしたでしょうか?
コロナが収束したら是非、不思議な雰囲気レトロな呉はいかがでしょうか?
是非、当サイトのANA・JAL株主優待券メール通知をご購入してお訪ねください。

« ANA・JAL株主優待券メール通知で広島へ | ANA・JAL株主優待券で女満別から知床へ »