2021年3月27日

ANA・JAL株主優待券で札幌のごちそう

札幌のごちそう

いつもANA・JAL株主優待券の格安販売をご利用いただきありがとうございます。

札幌のごちそう

焼き鳥

前回に引き続き、私ども販売のANA・JAL株主優待券をご購入予定の《おひとり様でも楽しめる札幌グルメ》をご紹介します。

今回まずお勧めするのはやき鳥屋です。
昭和的な雰囲気の「やき鳥 金富士」さん。
やき鳥といっても専門店ではなくどちらかというと居酒屋さんです。
札幌に連泊して北海道オンリーばかりよりも、普通のモノも食べたい時にANA・JAL株主優待券販売日記的にはオススメです。
そうはいっても北海道的なコマイや開きホッケ・ししゃも・イカ焼きもあります。
刺身はタコだけですが、なんでもあります的なところとは違いこだわりも感じられます。
ここの売りはお酒類を注文すると、毎回(たぶん3回目まで)簡単なお通しが付いてきます。
これが何となく得した気分にさせてくれる居酒屋さんです。
そんなところですから、とにかく格安で財布に優しく、それも当サイト販売のANA・JAL株主優待券をご購入される皆様にオススメする理由の1つです。
特に奇をてらったことをするわけではなく、いつ行っても期待以上でも以下でもない安心のお店です。
唯一欠点はいついっても混んでいること。
満席で入店できな場合もあるのですが、特に密を気にされるお客様にはもう少しコロナが落ち着くまで待った方がいいかもしれません。

やきとり屋さんをもう一軒。
北海道には室蘭やきとりや美唄やきとりといったご当地焼き鳥がありますが、その中から「元祖美唄やきとり 福よし」さんはいかがでしょうか?
当サイト販売のANA・JAL株主優待券をご購入のおひとり様に特にここをご紹介する理由は、一店舗完結で締めまでご当地名物であることです。
市内に複数あるので宿泊先の近くにあることが多いのもポイントです。

美唄やきとりの特徴は鳥の内臓数種類と玉ねぎを1つの串に刺して焼いていることです。
一口ごとに食べる範囲を変えると食感や風味も変わってきます。
味付けは肉に自信があるからでしょうか、基本的に塩味です。
内臓系が苦手な皆様には、精肉のやきとり以外に「北あかりの揚げにょっき」や「生クラゲの酢の物」などちょっと珍しいメニューにも心を惹かれます。
でもここで、当サイト販売のANA・JAL株主優待券をご購入のおひとり様に絶対に忘れてほしくないのが締めです。
締めの「もつそば」は暖かいおそばの上に串に刺したままの「美唄やきとりのもつ」がのっています。
出汁はやや醤油味が強くて見た目も濃いですが、これがモツに合います。
またお酒の締めとしてはこれくらいが好みに合うという人も多いのではないかと思います。
本来チェーン店はあまり行かないのですが、ここはすべて1か所で完結するので、このANA・JAL株主優待券販売日記で取り上げることにしました。
「元祖美唄やきとり 福よし」さんの公式ホームページはこちら
飲んだ後の締めの「もつそば」利用というのも有りかもしれませんね。

まだまだあるごちそう

すすきの

やきとりが2件続きましたので今度は本場のジンギスカンはいかがでしょうか?
すすきのにひっそりと営業されていて、目印は赤い提灯に「さくら」と書いてあります。
周辺にはジンギスカンでは超有名なお店や行列しているようなところもありますが、それをいつも横目に「さくら」を知っていて良かったと思いながら向かいます。
当サイト販売のANA・JAL株主優待券をご購入される皆様に、超有名店や行列店ではなく「さくら」をあえてご紹介するのにはやはり理由があります。
まずおひとり様でも利用しやすいカウンター中心のお店であること。
そしていつ行ってもそんなに混んでいません。
雪まつりのようなイベントの時でも入れました。
味については、私にははるかに行列店より美味しく感じます。
観光客を対象にしておらず、地元向けでかなりの穴場感があります。

私共販売のANA・JAL株主優待券をご購入いただく皆様に是非食べていただきたいのが、「生ラム」「肩ロース」「ラムロール(冷凍)」。
更に珍しいのが「塩ラム」。
ニンニクが効いていてかなり多めの大葉が入っており、スタミナが付くのにさっぱり感もあります。
量的には普通の胃袋の方なら、この中から2~3種類を選択することになると思いますが、珍しい「塩ラム」は是非いれたいところです。
ラムをはじめとする焼き物の値段設定は格安ですが、それに比べるとアルコールはやや高めなので、このお店では飲むより食べる中心で攻めるのがANA・JAL株主優待券販売日記流です。
締めはカツオと醤油ダレで味付けした「ねこめし」が定番ですが、もし「ラムカレー」がある日に訪れた方はラッキーです。
幻のようなメニューですが、もしあったらお肉の注文を1品減らしてでも食べたいところです。
唯一の欠点が、構えがいかにも常連客向けと言う感じで入りにくいこと。
見た目はあやしささえ感じます
でも思い切って飛び込んでみると、女将さんも気さくでアウエー感はまったくなく楽しく食事ができます。
こういうところを私共販売のANA・JAL株主優待券をご購入の皆様に御紹介したいというような、典型的なモデル店かもしれません。

いかがでしたか?
チェーン店から穴場までANA・JAL株主優待券販売をご利用の皆様への札幌オススメ。
まだまだ続きがありますので、次回のANA・JAL株主優待券販売日記もお読みください。

 

 

« ANA・JAL株主優待券で札幌 | ANA・JAL株主優待券でこれぞ札幌 »