2020年9月3日

しばらくの動き

ここしばらくの動静

少しでも安く、もっと早く!!
JAL・ANA株主優待券販売の「ANA・JAL株主優待即納サービス」のサイトへお越しいただきありがとうございます。

前回のブログから10日程時間が空いてしまいましたが、現状のANA株主優待番号・JAL株主優待番号の販売価格は10日前より100円程上がっています。
この10日程では前回のブログを書いた時の価格を基準にすると150円上がり、その後100円下がってまた上がり始めている感じです。
この動きは、前回「いましばらくはJAL・ANA株主優待券の販売価格は上下200~300円程度の幅を行ったり来たりするのでは?」と書いた範囲には収まっている感じです。

1つ驚いたのは一時的にANA・JAL株主優待券共に買取価格を上げたところ予想外の量の入荷があり、慌てて買取価格を下げる一幕がありました。
下げた後は入荷量が激減と言うか、ほぼストップしたと表現しても良いくらいまで減っています。
一方販売価格もそれに連動して上下しましたが、こちらの方は販売価格による販売量の変化それほど大きくはありませんでした。
今回の入荷量の変動は、今までここまでのものはありませんでしたので、恐らく相当の方がANA・JAL株主優待券の売り時を探されてアンテナを張っておられるのではないかと思います。

4連休への動き

休暇

それともう1つ変化があったのが今月下旬の4連休に対する動きです。
ANA・JALのホームページを見ていると、10日前と比べると座席が埋まってきている感じがします。
ANAホームページはこちら
JALホームページはこちら
満席といった便も路線によっては増えてきているようです。
一方でANA・JAL株主優待番号の通知販売や株主優待券の現物販売については、4連休で盛り上がってきたという程ではないような気がします。
株主優待番号の通知販売は搭乗直前の方が多いので別かもしれませんが、現物の販売に関しても予約サイトを見ていて感じるほどの変化はないような気がします。
もしかするとANAもJALも半分位に減便しているので、予約サイトの埋まり具合に関しては一見動いてきてるように見えているのですが、実数としてはコロナ前の平日程度の予約数なのかもしれません。
このまま4連休が埋まっていくようですと今週末か来週前半位にも、4連休需要はほぼほぼ終わってしまうのではないかと思うようになりました。
そうなると1つ山場を越したことになり、ANA・JAL株主優待番号の販売価格を下支えする要素が1つなくなることになります。

ただ、買取価格を少し下げると入荷が激減し、少し上げると大量に入ってくるような状況をみていると、4連休需要の価格への影響はほとんど無視してもいいのかもしれません。
そうなってくると次に大きな影響が出てくるのが、次のANA・JAL株主優待券の最新券の発行時期が近づいてくるか、又は実際に発行されることではないかと思います。

最新券が発行されると?

最新券がでるとどうなるか

実際に発行されると、例年に比べ全く使われずに残ってしまっていた来年5月末までの優待券にいつもと同量の最新券が加わるわけですから、かなり膨大な量の株主優待券が存在することになります。
更に加えて気になるのが、本来なら11月以降は存在しないはずの延長された券面2021年11月30日有効期限と表示されているANA・JAL株主優待券の存在です。
今回は前回と違いかなり早い段階で有効期限を2020年11月30日→2021年5月31日と発表されているので、少なくとも前回よりは認知されていると思います。
この券が市中の在庫にさらにプラスされることになるので、大げさに言うと「史上最大枚数のANA株主優待番号ご案内書とJAL株主割引券」が存在することになりそうです。

さらにさらに、もう1つ気になるのが本来は2020年5月31日で有効期限が終わっていたANA・JAL株主優待券です。
色でいうとANAがブルーでJALがオレンジの券です。
当サイト「ANA・JAL優待番号即納サービス」をこまめにチェックしていただいている方の中には気が付かれている方もいるかもしれませんが、
この有効期限が2020年5月30日までのANA・JAL株主優待優待番号は7月中旬~8月中旬頃まではほとんどずっと売り切れ表示でした。
本当は期限が短いANA・JAL株主優待券は販売価格も安く人気があるので、確保しておきたいのですが・・・
理由は入荷がまったくなかったからです。
入荷があっても1枚とか2枚ですぐ売り切れでした。
もう持っている人はほとんど全員と言っていいほど売却していて、基本的には存在しないくらいの状況ではないかと判断していました。
ところが8月後半になりわずかですが入荷が復活してきており、それにより「ANA・JAL優待番号即納サービス」のサイトでも購入可能なことが若干ですが増えてきています。
これがいつまで継続するのかはわかりませんが、もし当面わずかづつでも補充されるようであればこのあたりもANA・JAL最新の株主優待券が発行されて以降の市中在庫や販売価格に影響がでてきそうです。

この延長されたANA・JALそれぞれ2種類の株主優待券が今どんな状態にあるのかにつては、一度取引先に聞いたり調べてみたりしようかと考えています。
このANA・JAL各2種の延長された優待券は、販売価格を押し下げる方向の要素になることは間違いないので、わかったことについては近日中にこのブログに書きたいと思います。

« サイトリニューアルのお知らせ | 今気になること »