2022年1月13日

ここはやっぱり最高です!!

ニセコ最高

前回に続き、当サイト販売のANA・JAL株主優待券を利用され12月にニセコに行かれたお客様のリポート+道内在住の方の情報を元にしたニセコの情報をお伝えします。
今回も伝聞的にではなく私自身が訪れたような表現でお届けします。

ホテルにチェックイン

ホテルへ

チェックイン前と思っていた時間に宿泊場所「ニセコプリンスホテル ひらふ亭」に到着。
先に送っていた荷物の受取やお借りするスキーロッカーへ板やブーツへ預けたりしていたらチェックイン時間なるだろうと考えて、とりあえずフロントに向かいました。
ダメもとでチェックインできないか聞いてみたところ、あっさりOK!
実はこちらの勘違いで、すでにチェックイン時間になっていたようでした。

荷物を受取り部屋に入ってもまだ15時前です。
まずはマスクを取ってお茶を入れて一休み。
スマホを取り出してANA・JAL株主優待券販売日記などで過去のニセコの記事を再確認。
過去のニセコを取り上げたANA・JAL株主優待券販売日記はこちら

この冬ニセコ方面に行かれる方への要注意の情報にもなるのですが。
まず、少しして雪も小康状態になってきたので買い物も兼ねて付近を散策してみることに。
シーズン初めのスキーは筋肉痛になることが恒例なので、持ってくるのを忘れた湿布薬を買いにドラッグストアに。
ホテルのすぐ向かいに北海道のドラッグストア「サツドラ」があったのを記憶していたので行ってみたところ何か店内が暗い感じです。
お客が少ないためしょうか「2021年4月~当面の間休業」の紙が貼ってありました。
仕方がないので近くのコンビニなども廻りましたが、どこにも置いていません。
町まで出ないとクスリ類は手に入らないとのことで諦めました。
皆様ご注意ください。

次にリフト券の購入です。
ニセコは物価が高いのが欠点ですが、リフト券も例外ではなくかなり割高です。
少しでも割安にしないとせっかくANAやJALの格安株主優待券販売を利用した意味がなくなるので、いろいろ調べてみました。
通常料金がニセコ全山使えるものが普通に買うと8,100円。
割引のあるオンラインリフト券なるものもありますが、それでも数百円安くなるだけです。
ところが、ローソンで買える食事券が1,000円分ついたパック券なら、食事券込みで7,600円。
なので実質6,600円となり、これならかなり割安感があります。
ご注意点はすべてのゲレンデ内のレストランで使えるわけではないことです。
それと、こちらは1日券ではなく8時間券です。しかしいつも遅くても16時頃には切り上げる私にとっては十分です。

以前のニセコヒラフとの違いにも気づきます。
まず道路を歩いているとあちらこちらのお店に休業中です。
もちろん自粛期間などは終わっていますから、純粋に開けていても収益が上がらないことが理由だと容易に推測できます。
コンビニも以前は必ずと言っていいほどレジ待ちの行列があり、特に外国からのスキー客はお札や小銭の額を確認しながらで時間もかかるため、ひどい時だと10分以上待たされるような状況でした。
地元の人は、アイスなど買うとお店を出るまでに溶けてしまうと嘆いていたくらいです。
それがレジ待ちはほぼ0!

また以前はよく見かけたキッチンカーも1か所を除いてほぼ全滅です。
もちろん道を歩いている人も以前とは比較にならないほど少ない状況です。
その為、除雪が行き届いているところは問題ありませんが、そうでないところは人が歩いた後が全くないので結構大変なのでご注意ください。

ホテルでのお楽しみ

お楽しみ

さて、ホテルに帰ると待っているのは温泉と夕食!
温泉は24時間入り放題でゲレンデを見渡せる露天風呂もあり、なかなか満足度が高い内容です。
こちらも以前はかなり混雑しており、特に脱衣場などは注意していないと他の方に触れてしまいそうなときもありましたが、今はそんな心配は全く無用です。
それに以前は日本の浴場マナーをご存じない外国人もたまにはおられ、お風呂内での飲酒や体を拭かない方もいて脱衣場がびしょびしょになっていることもありました。
今回も海外の方はおられましたが、恐らく日本にお住まいの方のようでそのあたりは十分というかマナーの悪い日本人よりも心がけておられるので全く問題はなくなっていました。

前回のANA・JAL株主優待券販売日記には書いていませんでしたが、このホテルの食事前のもう1つのお楽しみが待っています。
フロント横にあるバー!
名前は「Toshiro’s BAR トシローズバー」です。
ハッピーアワーが設けられているので食事前のひと時をお安く楽しめます。
しかもありがたいのはホテルの部屋着とスリッパで利用可能!
本格的なバーをこれほどリラックスできる方法で利用できるのはありがたい。
但し支払いは部屋付けできませんので、お金かクレジットカードは持参してください。

1日の最後を締めくくるのはバイキングスタイルの夕食です。
こちらも以前はかなり混雑していましたが、今は座席も自由に選び放題です。
食べきれない種類が並んでいますのでお好きなものが選べますが、お肉を焼いてくれるコーナーでは特に鶏肉がオススメです。
ANA・JAL株主優待券販売日記としてはジビエも外せません。
特に鹿肉は毎日違う調理方法で提供されますが、特にたたきなどは人気が高いようです。

お腹も満腹になって明日からはいよいよスキー!
ゲレンデのリポートはまた次回お届けします。

« ニセコだより! | ゲレンデも様変わり! »