2022年1月11日

ニセコだより!

ニセコ

本日もANA・JAL株主優待券の格安通知販売の当サイトをご覧いただきありがとうございます。
昨年の6月のブログで社会が少し平穏を取り戻したら行ってみたい場所として北海道のニセコスキー場を取り上げました。
ANA・JAL株主優待券販売日記『ニセコはどうなってるのでしょうか?』はこちら
ニセコでこだわりたいことを取り上げたブログ『これだけはこだわりたい!!』はこちら
私自身はまだ実現できていないのですが、このブログをお読みいただいているお客様から12月に実際に行かれた際の現地のレポートをお送りいただきました。
今回はそのレポートに加え道内在住のお客様からの情報を交えて『ニセコだより!』をお届けしたいと思います。

尚、伝え聞いたような文章では表現しづらいので、私自身が行ったような表現になっていますがご容赦ください。
まずこのレポートしていただいたお客様は大阪在住で60歳代前半、お仕事はされていますが現役からは少し身を引いたようなお立場で、かなり自由がきく方です。
ニセコ訪問歴は10回程。しかもその大半はここ数年ほどなので、外国人でにぎやかだったころと比較したいと書いていた前回のブログの内容にぴったりと合う方です。

ニセコへ出発

サクララウンジ

まずは大阪伊丹空港を出発。
当初は12月15日に出発したかったのですが、どうしても外せない所用があり18日の伊丹発新千歳空港行のJAL2001便(8時出発)を予約。
もちろんANA・JAL株主優待即納サービスの優待番号通知を利用しています。
当初15日だった予約を簡単に18日に変更できるところも格安ANA・JAL株主優待券販売のメリットだと改めて実感!!
飛行機の出発時間に余裕を持って出かけたのと乗り継ぎがスムーズだったこともあり7時前には伊丹空港に到着。
この時間だと保安検査も混んでなくて最短時間で通過。
かなり時間に余裕があるのでJALサクララウンジのコーヒーとコンビニで購入したパンでゆったりと朝食を楽しめました。

飛行機はほぼ定刻に出発し、新千歳空港までは予定より少し早めに到着。
本当はANA・JAL株主優待券販売日記に書いてあった小樽グルメで気分を盛り上げてからニセコ入りしたかったのですが、街中をあまりうろうろするのもまだまだ心配だったので直行のスキーバスを予約しました。
小樽グルメのANA・JAL株主優待券販売日記『小樽で幅広い支持!!』はこちら
バスの出発時間は11時30分で1時間40分の待ち時間。
少し前なら本数ももう少しあり、待ち時間も短かったのですがこれも致し方なし。
そこで、かなり時間に余裕があるので車内で食べる昼食を買うことに。
するとこれも小樽グルメで紹介したパンロールの「かま栄」を発見!!
しかし昼食購入後にバスの手続きに行くと、なんと車内は黙食でも飲食禁止とのことなので、仕方なく待合スペースでかなり早い昼食ということになりました。

ニセコスキー場へ

スキー場へ

バスは定刻に出発。
空港周辺は少し雪が積もっている程度で晴天!
天気予報や降雪情報では確認していたものの、スキー場に十分な雪があるのかかなり心配になってきました。
出発後に運転手さんから注意事項や休憩場所の案内があり、それに引き続いたアナウンスでニセコ付近は昨晩からかなりの降雪があり、さらに現在も降り続いていて今シーズンやっとまともなコンディションになったとのこと。
ここで本来の15日出発でなく3日遅らせたことに天運を感じて上々の始まりの予感。
気軽に変更できる格安ANA・JAL株主優待券通知の良さを再認識です。

運転手さんのアナウンスの通り、ほどなくして天候は曇り始めてすぐに雪模様に!
周辺の景色も一瞬に近い位に真っ白に変化していました。
途中、スキーバス利用の方はよくご存じの「きのこ王国」でトイレ休憩。
少し早めに着いたこともあり15分より少し長い休憩時間だったので、それほどお腹がすいているわけではありませんでしたが他の方に誘われるように名物「きのこ汁」を注文してしまいました。
ここで残念だった事が。味はいつも通りでしたが「ぬるい!」。
雪の北海道ではアツアツが最高の味付けなのに、「ふうふう」することもなく「ごくごく」飲める程度のぬるま湯状態だったのがかなり残念。
残念な気持ちを引きずりながらバスに戻るため外に出ると目に入ってくるのは一面の雪景色。
すぐに気持ちが前向きに切り替わるところがお楽しみ前のいいところですね。
更にバスが進みスキー場が近づいてくるに従いどんどん雪が深くなり、それに比例するように気持ちは盛り上がっていきます。
もしかするとこの到着前の気持ちの盛り上がりが一番楽しい時間なのかもしれませんね。

そんなことを車中で考えていると定刻より少し早い14時前に今回の滞在場所の最寄りヒラフウエルカムセンターに到着です。
チェックインは15時からなので(実は勘違いでしたが・・・)どうするか思案しながらヒラフ坂という名前の坂を下っていくと、考えが何も浮かばないまま宿泊先の「ひらふ亭」に到着してしまいました。

到着からの模様は次回のブログに続きます。

 

« 本年も本格スタートです | ここはやっぱり最高です!! »