2021年5月2日

ANA・JAL株主優待券で阿波はウマイ!

美味い徳島

ANA・JAL株主優待券で格別な味を

格別な味

前回のANA・JAL株主優待券販売日記でご紹介した「ドイツ館」からクルマで10分ほどのところにどうしても避けて通れない場所があります。
以前にも少し取り上げたことがあるので、今回はスルーしようかとも思いましたがやっぱり秀逸な味なのでご紹介します。

藍住町の勝瑞というところにある「みのり」といううどん屋さんです。
うどんといえばお隣の香川県の独壇場だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、徳島うどんもなかなかハイレベルです。
特に「みのり」はその中でもトップクラス。
好みにもよりますが、本場の香川を含めても一番に名前を挙げる人が何人もいるのではないでしょうか?
その「みのり」、建物はプレハブで雰囲気があるわけでもなんでもありません。
でも味はバツグンで休みの日などは行列ができることも珍しくありません。
ここでほとんどのお客さんが注文するのが「冷たい肉ぶっかけ」か「冷たい温玉肉ぶっかけ」。
もし玉子が苦手でなければこの2つでは間違いなく「温玉付き」をANA・JAL株主優待券販売ブログではオススメいたします。
肉は徳島県人好みの濃い目の味付けですが、うどんといっしょに食べるのにはちょうどの甘辛さです。
出汁はかつおが効いていて、讃岐よりやや関西系な感じもします。
麺はコシがありますが、やたら強いだけではなく適当な弾力とノドゴシのバランスがとれています。
麺のカドが立っていて、太さは4mm~5mmぐらの少し細目、表面はツルツルして輝いています。
あったかい肉ぶっかけもいいのですが、コシを考えると冷たいものがANA・JAL株主優待券販売で購入されるお客様にはお勧めです。
普通は肉だったらあったかいモノと相性がいいのでしょうが、ここは味付けなのか調理方法なのか冷たい中でも実力を発揮しています。

さらにサイドメニューとしておでんもなかなか外し難いですし、ちくわ天は絶対です。
テーブルにスダチのしぼり汁が置いてあるので、これをちくわ天にかけるのがANA・JAL株主優待券販売ブログお気に入りです。
さらにうどんを7割位食べたところで、スダチをかけるとまた違った品物のように変化します。
これだけ「冷たい温玉肉ぶっかけ」を押してきて今更ですが、もう1つの主役がここにはいます。
「スパイシーカレーうどん」です。
今はやりのスパイスカレーほどではありませんが、適度にスパイスが効いていてそのためかスープがいい意味で甘めに感じます。
うどんにはこれくらいのスパイスがちょうど良いのではないでしょうか?
それでも食べ進めて行くと、体の中にスパイスが染み込んでいくのが分かるようです。
温玉を入れるとややスパイス感が薄れるので、マイルドをお好みであれば追加されてもいいのではないでしょうか?
ハーフサイズがあればANA・JAL株主優待券販売日記としては両方頼みたいのに…とどちらを頼むかいつも悩んでしまいます。

ANA・JAL株主優待券で新鮮な魚を

新鮮な

「みのり」さんから方角的にはほぼ真北にクルマで30分弱行くと、瀬戸内海にでます。
その瀬戸内海に面したところにあるのが、当店販売のANA・JAL株主優待券をご購入されるお客様に次におすすめしたいお店です。
そのお店の名前は「びんび屋」。
「びんび」とは方言でさかなのことなので、つまり魚屋です。
びんび屋さんの公式ホームページはこちら
その魚屋さんで、まず一番にANA・JAL株主優待券販売ブログがオススメするのが意外ですがワカメの味噌汁。
ここ鳴門の名産がワカメだからでしょうか、食感のいいワカメがかなりたくさん入ったみそ汁はサカナの出汁がきいていてこれだけでも満足です。
それから見逃してはいけないのがガラスケースに入ったおかず類!は
カマを塩焼きしたものや、アラ煮や南蛮漬けなどが並んでいます。
食べられるところはすべて提供するというお店の姿勢が出ているよう気がします。
それにサカナは骨に近いところが最もおいしいと言われる方もいらっしゃいます。
サイドメニュー系オススメばかりになっていましたが、もちろんメインのお刺身もバツグンです。
おろしたてが提供されることが多く、コリコリ食感好きには特にいいのではないでしょうか。

それと御飯類も充実です。
たこめし・鯛めし・びんびめしなど釜飯スタイルで提供されていて、どれも魚貝のエキスをたっぷり含んだ御飯がたまりません。
鯛は鳴門鯛と言うブランドがあるくらいですし、タコも淡路島を超えた対岸はタコで有名な明石です。
どれか1つに絞るのは非常に難しい問題です。
それぞれのお好みですが、こういった時にANA・JAL株主優待券販売ブログではあれもこれも入っているようなものより、1つの食材に的を絞っているのものを頼むようにしています。
そのため、いつも鯛めしかたこめし。
びんびめしは食べたことがありません。
もしびんび飯を食べたことがあるお客様は、是非ANA・JAL株主優待券販売日記までご感想をお寄せください。

いかがでしたでしょうか?
ANA・JAL株主優待券販売日記の徳島2回目にしてやっと海に到達しました。
次回は海沿いに南下して行きたいと思います。

« ANA・JAL株主優待券で阿波の国 | ANA・JAL株主優待券で鳴門 »