2021年5月3日

ANA・JAL株主優待券で鳴門

鳴門

ANA・JAL株主優待券で鳴門へ

鳴門へ

徳島の空の玄関口が徳島阿波踊り空港なら、陸の玄関口は鳴門です。
徳島阿波踊り空港には羽田と福岡からの路線しかないので、当サイト販売のANA・JAL株主優待券を購入される皆様の出発地よっては神戸空港から陸路で鳴門に入られる方法が便利な場合もあります。
ちなみに神戸空港からは1時間に1本程度バスが出ています。

その鳴門と言えばまず有名なのは「うずしお」。
イタリアのメッシーナ海峡、カナダのセイモア海峡とならんで「世界三大潮流」の一つです。
その「うずしお」を体験する方法は大きく分けて2つ。
「渦の道」という鳴門海峡に架かる大鳴門橋の橋桁内(車道の下)に造られた海上遊歩道から見る方法がまず1つめ。
全長450mの遊歩道の先端にある展望室はでは海上45メートルのガラス床から真下に渦潮を見ることができます。
もう1つは船からの渦潮見学。
大型船と小型船があり、小型船は予約が必要ですが水中からも渦潮を見ることができます。
ANA・JAL株主優待券販売日記のオススメは「渦の道」と小型船のコンビネーション。
まずは「渦の道」で渦の真上に移動してゆっくり観察、そのつぎに小型船で水中の流れを見れば完ぺきではないでしょうか?
またこの渦潮は潮の状況で迫力が全く違うので、事前に調べてから出かけるのがオススメです。
潮の状況はこちらを参考にしてください

ANA・JAL株主優待券販売日記のおススメ①

牡蠣

うずしお見学が終わってお腹すいたら、ANA・JAL株主優待券販売日記お勧めのお店をご紹介したいのですが、実はそれほど大きくない鳴門にオススメがたくさんあります。
まず1つ目は牡蠣の食べ放題!
四国でカキというイメージは他の地域の皆様にはあまり無いかもしれませんが、徳島から香川にかけていくつかのカキ小屋タイプの食べ放題のお店があります。
その中で当サイト販売のANA・JAL株主優待券を購入される皆様に御紹介するこのお店、まず価格が安い!
2,800円で90分食べ放題です。
しかもお酒やその他ドリンクは持ち込み自由!
飲み物類が持ちこめるので、食べ放題だったけどドリンク代が思いの他かかってしまうと言った心配もありません。
薬味やおつまみ類も持ちこめるので、徳島名産のスダチを持ち込んでオリーブオイルでスペイン風にというアレンジも可能です。
バターや柚コショウもなかなかいけます。
御飯とお味噌汁は付いてきますので、是非鳴門の牡蠣を堪能してはいかがでしょうか?
そうそう、店名を紹介し忘れていました。
「かき焼 うちの海 」という名前です。
前には静かな内海が広がっていて、鳴門のうずしおからは10分もあれば到着します。

ANA・JAL株主優待券販売日記のおススメ②

うずしお食堂

次に少しタイプの違うお店をANA・JAL株主優待券販売をご利用の皆様にご紹介いたします。
このANA・JAL株主優待券販売日記ではあまり取り上げてこなかったジャンルのお店ですが、いわゆる大衆食堂です。
鳴門には競艇場があるのですが、そのすぐ向かいにある食堂です。
しかも、いかにも競艇場前という店構えと雰囲気でおせじにもオシャレな感じではなく、女性やお子様連れの中には敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、ここはひとつ是非飛び込んでみてください。
お店の名前は「うずしお食堂」。
同じ鳴門市内に「漁協食堂うずしお 」というかなりハイレベルでお勧めしたい食堂があったのですが、そこは残念ながら閉店されたと聞いています。
今回ご紹介する「うずしお食堂」とはまったく別なので、ネット等を調べられる方はお間違いないようにご注意ください。

この「うずしお食堂」入ってみても会議室にあるような机にパイプいすとまったく冴えません。
でも味はANA・JAL株主優待券販売日記保証付き。
カレー・ラーメン・どんぶり・豚汁といった大衆食堂でおなじみのメニューもおいしいですが、ここでは本日の刺身や本日のオススメメニューに注目です。
刺身類は鯛やマグロなどの定番もありますが、コチやオコゼや岩ガキなど大衆食堂では見かけない魚もあります。
アイゴやイシガキダイの刺身まであるので、サカナ専門店顔負けです。
さらにカツオやマグロのミンチカツなどの創作メニューもANA・JAL株主優待券販売日記の好みにあってます。
特にカツオのミンチカツは名だたるカツオ県でもなかなか見ないメニュー。
サカナ嫌いのお子様でも是非お試しいただきたいと思います。
肉うどんの肉はブランド阿波牛ですし、焼肉はA4ランクと大衆食堂の域を超えてます。
このお店で注目はガラスケースの中の料理。
サカナのアラまで残すところなく、提供されています。
この食堂のすごいところは、徳島のご当地麺である徳島ラーメンまであるところ。
しかも普通のラーメンと徳島ラーメンの2つを使い分けています。
しかも大衆食堂なので安い!
人は見かけで判断してはダメといいますが飲食店も見かけで判断すると本当に美味しい店を見逃してしまうという良い例ではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?
今回のANA・JAL株主優待券販売日記ご紹介の鳴門の2タイプの味わい深いお店。
次回は更に鳴門の名物をもう1つご紹介して、南へ下っていきたいと思います。

« ANA・JAL株主優待券で阿波はウマイ! | ANA・JAL株主優待券で徳島東岸を南下 »