2021年5月4日

ANA・JAL株主優待券で徳島東岸を南下

徳島東岸

ANA・JAL株主優待券でB級グルメを楽しむ

B級グルメ

前回のANA・JAL株主優待券販売日記は鳴門の魚貝系のお店を紹介しましたが、鳴門にはB級グルメもあります。
鳴門うどんというものを聞かれたことはありますでしょうか?
鳴門うどんとは以前このあたりにあった塩田で作業する人達に提供されていたうどんが原型のようです。
最近では「鳴ちゅるうどん」の相性でも親しまれています。
特長は一言でいうと、うどんの本場香川の「讃岐うどん」とは正反対のもの。真逆とも言える「鳴ちゅるうどん」です。
麺は不揃いで讃岐と違って全く角はたっていません。
コシはまったくなく柔らかくで短いのが特長です。
以前のブログで福岡のコシのないうどんをご紹介しましたが、それと双璧のコシのなさです。
→福岡のコシないうどんのブログ記事はこちら
コシがないことと麺が不揃いなので、出汁を吸ったうどんが一口ごとに微妙に変わるところが楽しみの1つです。
また讃岐のようにトッピングが豊富なわけではなく、基本はネギと刻み油揚げのみ。
薄く切ったちくわやワカメが追加できる程度のお店がほとんどです。
出汁は、煮干しを使ったあっさりとした黄金色の出汁です。
最近は「鳴門うどん研究会」というものまであり盛り上がっています。
「鳴門うどん研究会」の公式ホームページはこちら
ちなみに前回のANA・JAL株主優待券販売日記でご紹介した「うずしお食堂」さんでも提供されており、「鳴門うどん研究会」のホームページにも載っています。

ANA・JAL株主優待券でうどんを楽しむ

徳島うどん

研究会のホームページに載っているお店は「うずしお食堂」さんをはじめ間違いない店舗ばかりですが、私共が販売しているANA・JAL株主優待券を購入される皆様に御紹介するのは研究会とは別のお店です。
そのお店は鳴門うどん発祥ともいわれる「大井食堂」さんです。
メニューもうどんのみで、味に自信ありです。
見事に不揃いな麺にカツオの香りの出汁がぴったりです。
他のお客さんの注文を聞いていると、男性はうどんの小を2杯頼まれることがよくあります。
うどんの大が700円、小が350円で、大は2倍の量になっています。
価格的には同じなのですが、うどんにコシがまったくないので大だと出汁を吸い過ぎるのと、食べている間に冷めてくるので小を分けて頼まれるのだと思います。
それとANA・JAL株主優待券販売日記的視点から見ると、大でも具材の刻み油揚げは2倍も入っていないと思うので、小を2つの方がお得感があるような気がします。

うどんだけでは少しもの足りないという皆様には、別にもう1つオススメがあります。
鳴門市内ではありませんが、国道を20分ほど南下した徳島駅からもそんなに遠くない裏通りにあるのが「手作りうどん 鳴門」さんです。
こちらはトッピングに天ぷらもあり、おでんやバラ寿司(チラシ寿司)もメニューに入っています。
当店販売のANA・JAL株主優待券を購入されるお客様へのオススメはちくわうどん+バラ寿司。
こちらも不揃いでやや縮れたような麺がやや甘めの出汁とよく絡みます。
それとここの出汁はなぜかちくわとの相性が一番いいように思います。
バラ寿司もこの県では結構金時豆を入れたりするところが多いのですが、ここは金時豆はなし。
その代わりに茎ワカメが入っていて、それが若干の粘りと食感をプラスすることでおいしさをアップしています。
この組み合わせだと結構ボリュームもあるので、男性でも大丈夫ではないでしょうか。

ラーメンも外せません

徳島ラーメン

もう一つご紹介したいのがつけ麺やラーメンのお店です。
「手作りうどん 鳴門」さんからクルマで5分ほどのところにあるのが「SOUPNUTS(スープナッツ)」さん。
徳島というと有名なのは茶色・黄色・白色系の徳島ラーメンですが、こちらはどのタイプでもありません。
ANA・JAL株主優待券販売日記でご当地ラーメンではないラーメンをご紹介することはないのですが、初めて口にしたときからここの味に魅了されてしまいまして、それで今回は例外ですが取り上げることにしました。
お店は裏通りにあり少しわかりにくいですが、それでも行列ができる人気店です。
初めて訪れたころは行列ができるほどではなく、地元の方でも知らない人が多かったのですが、やはりその味が徳島っ子にも受け入れられたようで、瞬く間に大人気店になってしまいました。
お店は徳島のラ―メン店では異例なシンプルでしゃれた感じの雰囲気の内外装です。
お勧めは、基本的にどれを選んでも濃厚で美味しいスープですが、初めてなら「とんこつつけ麺」か「魚介豚骨つけ麺」です。
ANA・JAL株主優待券販売日記としては、どちらかというと「魚介豚骨つけ麺」が好みに合っています。
太麺ですが適度な太さでツルツルした食感、スープは魚介が程よい押しの強さで麺との相性がバツグンです。
チャーシューも適度な厚みを炙って提供されています。
太いメンマがかなり強い存在感で、スープや麺を強烈にバックアップしてくれます。
期間限定メニューも毎回変わっており、それも今回のオススメと甲乙つけがたいレベルなので、お店の研究熱心な態度を現わしているように思います。
行列がだんだん増えているところが気にはなりますが、当サイト販売のANA・JAL株主優待券をご購入の皆様の舌にも満足していただけることは間違いないので、行列覚悟で出かけてみてください。

今回のANA・JAL株主優待券販売日記は鳴門から徳島まで南下してきました。
次回は徳島市内とさらに南に向けて移動していきたいと思います。

 

« ANA・JAL株主優待券で鳴門 | ANA・JAL株主優待券で徳島ラーメン »