2021年5月30日

西表の季節を楽しむ!!

西表島季節

西表島を観光から自然体験プログラムまでいろいろご紹介してきましたが、今回は季節限定の体験案内です。

西表島のホタルを楽しむ

ホタル

まず当ホームページのANA・JAL株主優待券販売をご利用の皆様に御紹介したいのはホタル観賞。
ヤエヤマヒメボタルを鑑賞するプログラムを開催しているお店が何件かあります。
このホタルをはじめ西表島のホタルは内地のホタルのように川で成長するわけではありません。
雌には羽がないので長距離の移動はできません。
雄もあまり飛ぶ力が強くないので、その行動範囲がかなり限られていてどこにでもいるわけではありません。
極端な場合は見渡す限りホタルということもあれば、そこから3分も移動すると全くいないこともあります。
また年により居る場所も変わってくるので、現地のツアーに参加するのが一番確実です。
季節は3月頃からゴールデンウィークころまで。
ピークは3月頃のことが多いようです。

ただしその年によっても時期がずれたりしますし、気温や天候、それになぜだかわかりません数が激減したりする期間があるようです。
条件さえあえば1000匹を超えるホタルがあたりを埋め尽くす光景に出会えるそうです。
そのホタルが見られるのも日没後40~50分ほど。
内地のホタルより点滅が早いので数もより多く感じられます。
ANA・JAL株主優待券販売日記が訪ねた時は「これが1000匹の点滅か!!」と感動したものですが、後で聞いてみるとピークの時はその何倍もの数で埋め尽くされるとのことでした。
是非、もう1度チャレンジしたいものです。
先ほども書いたように日没後40~50分ほどしか見られないので、夕食時間には要注意です。
ピーク時の日没は7時前なので、大体のツアーが6:30~6:45頃スタート。
夕食の時間と重なってしまう場合もあるので、宿で食事をお願いしているのであれば事前に相談しておきましょう。

西表島のサガリバナを楽しむ

サガリバナ

もう1つの季節限定の自然体験がサガリバナツアー。
当サイトの格安ANA・JAL株主優待券販売をご利用の皆様は、サガリバナはご存じですか?
熱帯・亜熱帯に分布しており、日本では奄美大島以南のマングローブなどの湿った土地や川沿いの湿地に自生しています。
その特徴は6~8月の夜間に花が咲き、一夜限りで散ってしまいます。
木全体が一晩で花が咲いて散るわけではなく、1つ1つが一晩で散るということで翌日にはまた別の花が咲きます。
石垣島北部の平久保半島では4万本を超す自生地が2ヶ所も発見されていますが、あえて西表島のサガリバナをANA・JAL株主優待券販売日記でご紹介するのにはわけがあります。
それは西表島のサガリバナは、夜の咲いている姿と散った後の川面を漂う姿との2つの楽しみ方があるからです。

内地では、咲き誇っているサクラや樹上で真っ赤に染まったモミジを見る以外に、散ってからもそれらを鑑賞することができますよね。
サクラですと川を流れる花筏、もみじなら紅葉の絨毯です。
サガリバナも同じように、咲いている姿と落花した後の姿と2度も目を楽しませてくれます。
まず咲いている姿は夜のツアーで。
夜にしか咲かないので、日が暮れるのを待ってのスタートです。
日没後ですが、こちらはホタルほどの時間限定ではないので食事時間とうまくタイミングがあうツアーを選ぶことも可能です。
歩いて観察するツアーやナイトカヌーというツアーもあります。

ANA・JAL株主優待券販売日記のオススメはナイトカヌー。
夜の川はライトを照らすとサカナが跳ねたりする姿も見られたりもします。
一方歩いていくツアーの魅力はその手軽さ。
料金も比較的リーズナブルに設定されています。

もう1つは落花した花を楽しむツアー。
こちらは川を流れるサガリバナを鑑賞することが多いのでカヌー利用が主流です。
基本的に早朝ツアーが主流です。
まだ暗い間に出発し目的地に移動する間に少しづつ夜明けが近づき、まずは薄明りの中で川の水に浮かぶサガリバナを見つけます。
周辺が明るくなり視界が広がってくると、そこかしこに花が浮かんでいるのが見えてきます。
よく見ると、川の流れで上流から次々とサガリバナが流れてきては下流の方に消えていきます。

ここでもANA・JAL株主優待券販売日記的な見方があります。
花が川面に密集しているところを見たいのであれば、満潮に向かう時間帯。
上流からの流れと海から陸への海水の流れがお互いを打ち消しあうので、花が集まりやすくなります。
反対に次から次へとサガリバナが流れていく光景をご覧になりたいのであれば、干潮に向かう時間帯。
潮が引く力と川の高低差が相まって流速がアップします。
といっても下降に近いのでのんびりとした流れの中でのスピードアップですが。
そうして幻想的な光景を見ていると、今度は朝焼けの時間がやってきます。
最後は朝焼けを鑑賞して終了。
早朝ならではの静けさの中でのサガリバナツアーは究極の体験プログラムなので、ANA・JAL株主優待券販売日記で是非一度体験されることをお勧めいたします。
以前もこういった自然を体験するのに優待券を活用されている方の記事をブログに載せたことがありました。
→以前の優待券の活用のご紹介記事はこちら
期間の短い季節の風物詩に優待券を利用するのも1つの方法かもしれませんね。

次回のANA・JAL株主優待券販売日記は、西表島の締めくくりとして島グルメをご紹介したいと思います。

« 西表の森は最高!! | 島でもグルメ!! »