2019年6月7日

こんな方にもANA・JAL株主優待券

こんな方に

「ANA・JAL株主優待券即納サービス」の格安優待券販売をご利用いただきありがとうございます。
今ままで実物のANA・JAL株主優待券の格安販売を行ってきましたが、そのなかでご購入いただいたお客様からお聞きした少しユニークな優待券の使い方をご紹介したいと思います。
その前にANA・JAL株主優待券そのものをご存じない方は以前の4月28日のANA・JAL優待券日記に説明していますのでそちらをご覧ください。

ANA・JAL株主優待券の購入でこんな使い方が・・・

このような使い方

よくあるのが天候に左右される趣味ををお持ちのお客様が、当サイトで販売している格安ANA・JAL株主優待券販売を購入されるケースです。
釣りやマリンレジャー、スキー・スノーボード、山登りなどは、天気が良くないと楽しみも半減してしまいます。
最近は天気用予報も10日だとか14日間とかかなり先までの予報もありますが、当販売サイトでANA・JAL株主優待券を購入されている方の話ですとやはり気象庁が週間天気予報を発表するあたりから予報通りになる確率がアップするそうです。
ちなみにみなさんウェザーニュースをオススメの方が多かい気がします。
さらに本当に信頼できるのは3~4日先で、しかも前後1日位に予報がずれても大丈夫な場合だそうです。
3~4日先ですと通常のダイナミックパッケージのような時価商品ではかなり価格が高くなっている場合が多く、その場合にはどうしても当サイトのようなANA・JAL株主優待券の格安販売になってきます。
しかも同じANA・JAL株主優待券でもメール納品のものを購入するのでないと出発までに間に合わないことがあるので、当サイトのようなところを選ばれることが多くなるみたいです。

ANA・JAL株主優待番号通知の実際の使い方

実際使い方

お聞きしたお客様の中にはカジキのトローリングをされているお客様がいて、まずカジキが最近釣れているか?カジキの餌になるようなサカナの回遊具合は?波の予測は?というような条件をみて、好条件の時にANA・JAL株主優待券を購入して出かけられています。
以前はもっと前に予約していかれていたそうですが、カジキの釣れる海は荒れることも多く、現地に行っても海に出れないことが5割位はあったそうです。
それが格安販売のANA・JAL株主優待券を購入して、条件を確認してから出かけるようになってからは8割くらいは出港できるようなことをおっしゃってました。

また、別の方は日本100名山を目指しておられました。
クルマや電車で行ける山は問題ないのですが、遠くの山はどうしても飛行機になってしまいます。
でもせっかく行っても雨やガスでまったく楽しめないことが以前はあったそうです。
当販売サイトのANA・JAL株主優待券の格安販売をお知りになってからは、山登りのを含む前後各1日が晴れ、更にその前2日が晴れ又はクモリであることを確認してから航空券を購入されているようです。
ちなみに当日の前に3日も雨が降らないことを確認されるのは、道がぬかるんでいるようなことも少なくなるからだそうです。
このかたも当サイト販売のANA・JAL株主優待券を購入されるようになってからは、当日はほぼ100%晴れで100名山の景色をたのしまれているとのことです。
存じ上げなかったのですが200名山というのもあるそうで、来年あたりからは200名山に挑戦できるかもしれないとのことでした。

ANA・JAL株主優待券販売ブログで3人目にご紹介する方はスキーヤーです。
この方の場合はかなり雪質にこだわられている方で、パウダースノー大好きでホームゲレンデは北海道の富良野やニセコです。
この方はかなりシビアな条件なので当サイトのようなメール納品のANA・JAL株主優待券販売サイトでないとなかなか厳しそうです。
この方も飛行機チケット購入や宿泊場所の予約の前に、まず天気予報の確認です。
まずは10日予報で目星をつけて、週間予報でほぼ確定されるそうです。
一番大事なのは気温と天候で滞在中は最高気温ができればマイナス8度くらいまでだそうです。
更に3日位前の予報でスキー初日の前の日にあるていどの降雪がありその後は昼間はハレかクモリ又は降ってもチラホラくらい、尚かつ空港周辺は飛行機の着陸に問題がないという厳しい条件だと当サイトでANA・JAL株主優待券を購入されます。
もしくは滞在中の夜だけ降雪かそこそこあり日中はハレかクモリ又は降ってもチラホラくらいまでを選ばれます。
しかも風が強いとリフトが止まるので、滞在中は風は微風。
これだけの条件ですから、ぴったり当てはまり当サイトで格安ANA・JAL株主優待券購入となるのは年間3~4回までです。
でも条件が揃い出発できれば、滞在中はフル稼働なのでかなり満足度は高いようです。

最後の方はマリンレジャーでダイビングのお客様。
この方は天気の晴れにこだわられるよりも、風や波を意識してから当サイト販売の格安ANA・JAL株主優待券を購入されます。
波というとどうしても台風を思い浮かべますが、結構厄介なのが高気圧みたいです。
高気圧=いい天気のイメージですが、高気圧の周辺は風が強いことが多くそのため波も高くなってしまうそうです。
しかも、よく夏の太平洋高気圧が居座るというようなことは聞きますが、1週間位はほとんど動かないことも珍しいそうです。
逆に高気圧の中心に目的地があり居座ってくれるようだと、1週間以上全く波がないようなことも期待できるそうで、そんな時に当サイトで格安ANA・JAL株主優待券を購入されています。

かなり特殊な使い方ですが、利用方法によっては趣味も広がりそうなので、皆様のご趣味にも当てはめて考えてみららえたらいかがでしょうか?

« 株主優待券の価格 | アンケートにご協力下さい »