2021年4月27日

ANA・JAL優待券で高知を西へ最終章

高知最終章

ANA・JAL株主優待券で銀行へ?

銀行

今回も「当店販売の格安ANA・JAL株主優待券を購入して行ってみたいな・・・」というようなところを販売日記でご紹介してまいります。
当店販売の格安ANA・JAL株主優待券を購入される方に、高知県西のお勧めスポットをご紹介してきました。
高知県は魅力がいっぱいあることに加えて東西にかなり長い距離があるので、ついついいろいろなところをご紹介している間に気が付けばANA・JAL株主優待券販売日記史上最長になってしまいました。
それも今回が最終章です。

前回の「漁師宿 源ちゃん」から窪川を目指し、そこから四万十川沿いに進んだところ、「漁師宿 源ちゃん」からはクルマで1時間ほどの場所が今回最初のご紹介ポイントです。
場所は「高知県高岡郡四万十町大正」。
ここには日本でここにしかない唯一の銀行があります。
その名も「四万十焼酎銀行」。
栗焼酎ダバダ火振を製造されている「無手無冠」さんが経営されています。
もともとはここで営業していたホンモノの銀行の支店です。
閉店に伴い「無手無冠」さんが譲り受けられ焼酎の販売等をされています。
外観や内装も当時の銀行のままですが、それだけであれば単に物珍しいだけでANA・JAL株主優待券販売日記で取り上げることはありません。

なんとこの銀行、実は焼酎を預けれます。
しかも預けた焼酎には利息が付くのですから、まさしく「四万十焼酎銀行」です。
その仕組みは「口座」を開くと通帳が発行されます。
この通帳がまた本格的なもので本当の銀行のようです。
しかも預貯金の日付や内容はプリンタ印字ではなくてハンコと手書きの併用なので、昔のように窓口で出し入れしていた時代の人には懐かしさも感じられるようになっています。
預け入れる栗焼酎「預貯酎」は1口720ミリリットル(税込み5千円)のものです。
「無手無冠」さんの主力商品の「ダバダ火振」は栗を50%使用ですが、「預貯酎」は75%も使っていますのでそれだけでもプレミアムです。

コースには定期と普通があり、オススメは定期です。
「定期」の預け入れ満期は1~3年から選びます。
預けた焼酎は銀行の金庫に厳重に保管されます。
「利子」はまずは預けている期間に熟成することによる旨みが増すこと。
つまり質の向上が利息です。
もう1つは預けた量に対し毎年5%分を小瓶で払い戻しされます。
1年満期で36ミリリットル、2年で72ミリリットル、3年で108ミリリットルの計算になります。
年利5%というと、この低金利の時代にリスクの伴う投資でもしないと期待できない高金利ではありませんか!
普通の場合は1カ月過ぎると払い戻しが可能ですが、小瓶の利子はつきません。
満期の1月前にはお知らせまでくる本格的なもので、なかなかオモシロイと思いませんか?
またここでは栗を90%も使用した超プレミアム焼酎「馬之助」も販売しています。
ANA・JAL株主優待券販売日記でも購入しましたが、とても芳醇です。
ロックでもいいですが、ちょい水程度あたりがちょうどいいような気がします。

ANA・JAL株主優待券で秘伝のタレを求める

秘伝のたれ

さあ「四万十焼酎銀行」を後にすると、いよいよANA・JAL株主優待券販売日記最後のご紹介です。
クルマで1時間30分ほどの町、宿毛が次のご紹介ポイントです。
このあたりでクルマを運転していると久しぶりに町と言うような感じがするのが宿毛です。
ここに私共が販売していますANA・JAL株主優待券を購入された皆様に、特にオススメしたいお店があります。
店名は「天下茶屋」。
何のお店かというと焼肉という人もいれば、野菜炒めという人もいます。
メニューはドリンクと御飯を除くと、牛肉・豚肉・キムチの3つのみ。
焼肉か野菜炒めのどちらが正しいのかというと、肉+キャベツ・もやし・ニラを鉄板で炒めるので限りなく野菜炒めです。
実際、お店にはお勧めの「野菜炒めの作り方」が貼ってありますから、野菜炒めが公認のカテゴリーで間違いないはずです。
そんなありふれたものを当サイト販売のANA・JAL株主優待券を購入されるお客様に御紹介するのは、相当の理由があります。
とにかく理屈抜きでうまい!そして安い!
価格は牛が660円、豚が605円。
注文するとお好み焼きを焼くような鉄板でお店の人が焼いてくれます。
ビールの御供にもごはんをかき込んでも、それだけ食べてもとにかくうまい。

秘密はそのタレ。
ANA・JAL株主優待券販売日記のスタッフが全国で食べたタレではNo.1ではないかと思います。
このタレは「天下茶屋」さんでも、また高知市内のスーパーでも購入することができます。
焼肉・野菜炒め・焼きおにぎりにもぴったりなので、絶対何本か購入して帰られることをお勧めします。
そんなバツグンのタレですが、実は家で食べても美味しいのですがお店で食べると何倍もうまい!
同じ食材で作ってみても、おいしいけれどどうしても店の味には遠くおよびません。
野菜や肉の切り方、炒め具合などいろいろ試しましたがやはり違います。
お店に貼ってある「野菜炒めの作り方」も完コピしてもだめです。
最後にはお店と持ち帰りのタレが違うのかとも思いましたが、そうでもありません。
やはり何かコツのようなものがあって、それは誰にもまねができないのでは?
それが結論です。
そう思ってお店に貼ってある「野菜炒めの作り方」を見ていると、「マネできるならやってみろ!」とい自信すら醸し出されているような気がしてきます。
とにかくそれくらい高いレベルでないと、海の幸に恵まれた高知の最後のANA・JAL株主優待券販売日記のオススメには持ってこれません。

当サイト販売のANA・JAL株主優待券を購入して高知に行かれる皆様、空港からはかなり離れていますが是非「天下茶屋」さんを目指してみてください。

またANA・JAL株主優待券販売をご利用(ご購入)の皆様に、お勧めのお店やスポットをいろいろ探してまいります。
当サイト販売のANA・JAL株主優待券は出発当日でも割引で格安航空券の購入に使えます。
是非、急なご利用にお役立てください。

« ANA・JAL株主優待券の旅で黒潮を更に西へ | ゴールデンウィークのご注意点 »