2021年2月12日

ANA・JAL株主優待券でMIYAKOブルーを!!

宮古ブルー

MIYAKOブルーを

宮古の海へ

メールで格安ANA・JAL株主優待券販売の「ANA・JAL株主優待即納サービス」です。
前回は、コロナ収束後の応援企画として格安ANA・JAL株主優待券で行く宮古島を取り上げました。
少し力が入り過ぎたのか、宮古島と周辺の島を結ぶ3つの橋のオススメポイントで終わってしまいました。
今回は続きということで、当サイトのANA・JAL株主優待番号通知販売で行く宮古島第2弾を取り上げます。

前回が大橋からの「MIYAKOブルー」でしたので、今回は別の場所のご紹介と実際に触れて浸かれる「MIYAKOブルー」をお伝えします。
まず前回もお伝えししましたが宮古空港には羽田からJALグループの日本トランスオーシャン航空、羽田・大阪(関西)・名古屋(中部)からANAがそれぞれ就航しています。
本題に入る前に前回のANA・JAL株主優待券販売日記で疑問だった「何故、伊良部大橋は曲がっているのか?」に回答いただいた方がいらっしゃいました。
前回疑問に思ったのは、橋は陸地と陸地を直線でつないだ方が建設費も安くなるのになぜわざわざ曲げて作ったのかというものです。
連絡いただいた話では「これが水中の地質、水深などを考慮して、全体の工数が一番少ないためだそうです」。
水面下のことを考えるとということですね。
ご連絡いただいた方、ありがとうございます。
また他の説をご存じの方がおられるようであればお教えください。

「MIYAKOブルー」を陸から

宮古陸

さて本題ですが、格安ANA・JAL株主優待券で行かれる方に橋から以外で「MIYAKOブルー」をオススメするとなると、まずメジャーどころになりますが「東平安名崎」。
日本100景に選ばれているる宮古島の絶景ポイントで地球の丸さを実感できます。宮古を訪れた方の大半が行かれるのではと思うほどメジャーな観光地です。

次にANA・JAL株主優待券販売ブログの陸からおすすめ「MIYAKOブルー」スポットは「比嘉ロードパーク」です。
起伏の少ない宮古島のなかで海を最も高くから眺められ海抜96メートル。
宮古島の東側なので季節にもよりますが水平線から昇る日の出が絶景です。

「MIYAKOブルー」を海で

シュノーケリング

ここからは主にビーチの紹介になってきます。
宮古島のビーチは沖縄でも有数のシュノーケリングポイントが揃っています。
ビーチでのんびりからシュノーケリング三昧まで、メールで格安ANA・JAL株主優待券販売で行かれる方へのオススメをご紹介します。

まず町中に近い《パイナガマビーチ》。
市街地から近いので観光を終えて夕食まで時間が少し有る時などでも楽しめます。
夕日もキレイです。
アーチ状の洞窟がビューポインなのが《砂山ビーチ》です。
観光パンフレットに必ず載るくらい有名です。
《与那覇前浜ビーチ》は、東洋一美しいビーチと言われているので是非写真を撮ってほしいビーチです。
ここは前回取り上げた来間大橋を見ながらのんびりするのがANA・JAL株主優待券販売日記流。
来間島と宮古島に囲まれていてさらに遠浅であまり大きな波ががきません。
海で泳ぐというよりは浸る感じで、子供向けかもしれません。

ここまではのんびりビーチ派にオススメの場所でしたが、宮古島にきたらシュノーケリングは外せません。
まずは《吉野海岸》。
いままでビーチだったのが今回からは海岸ですが、ANA・JAL株主優待券販売日記の勝手な解釈ですが、宮古島は海岸と名の付くところの方がシュノーケリングはおもしろい。
その吉野海岸は町の中心からはクルマで30分位です。
駐車場から海岸までは少し急坂ですが送迎してくれます。
売店もありますが、飲み物や食べ物は途中のコンビニで購入した方がいいかもしれません。
海の中は水族館以上。ANA・JALの格安株主優待券販売で行かれた方にまずお勧めはサンゴ。
サンゴがびっしりで、敷き詰められたという表現が正しいような海です。
水深が浅いので泳いでいてもサンゴに触ってしまうことがあるので、シャツ等で体を保護することをANA・JAL株主優待券販売日記は推奨します。

もう1つのオススメは《新城海岸》。
吉野海岸と新城海岸は2大シュノーケリングスポットで甲乙つけがたいのですが、宮古好きのリピーターには吉野派と新城派がいるようです。
ちなみにANA・JAL株主優待券販売日記は新城派です。
吉野海岸よりは人が少ないのではないかと思います。
こちらも格安ANA・JAL株主優待券で行かれた方へのオススメは、やはりサンゴ。
スズメダイやクマノミも数種類を観察することができます。
ウミガメの生息地にも近いので、うまくいけば遭遇できるかもしれません。
夏の午後になると日が陰るので、太陽をあびてキラキラした海中散歩を楽しみたい方は午前中、日焼を避けたい方や太陽が苦手な方は午後をオススメします。

新城海岸や吉野海岸はレンタカーで行くのが一般的ですが、ANA・JAL株主優待券販売日記では天気がよければあえて自転車(電動アシストならさらに)が面白いと思います。
海岸をゆっくり走って少し汗をかいた体で始めるシュノーケリングはなかなか他の島では体験できないのでは?

次の回も当サイト販売の格安ANA・JAL株主優待券を購入される方に独自情報をお届けしますのでご期待ください。

« ANA・JAL株主優待券で宮古島応援 | ANA・JAL株主優待券利用の宮古島でお腹いっぱい »