2019年4月15日

もうすぐ期限切れのANA・JAL株主優待券

有効期限まえのANA・JAL優待券の説明

ANA・JAL株主優待券の期限切れ

砂時計

そろそろ次のANA株主優待券・JAL株主優待券の発行が気になる時期になってきました。
同時に5月末で有効期限が切れるANA・JAL株主優待券の購入にも注意しないといけなくなってきました。
昨年まではこのANA全日空株主優待番号通知・JAL日本航空株主優待番号通知によるご購入サイトでなく通常の株主優待券現物の販売のみでしたが、これからの5月末までの購入でご注意いただきたいこと3つを今回は書いてみたいと思います。

ANA・JAL有効期限までの注意点

有効期限切れの注意点

まず一番ご注意いただきたいのは購入した券の期限切れです。
この「ANA・JAL株主優待即納サービス」サイトのようなANA全日空株主優待番号販売・JAL日本航空株主優待番号販売でご購入の場合は少ないかもしれませんが、ご購入後に搭乗予定が変わってしまうようなケースで期限切れが発生することがあります。
かなり以前は、株主優待券の有効期限内に発券したものは搭乗日が有効期限後でも大丈夫でした。
しかし現在は、株主優待券の有効期限内に搭乗しなければいけないので、もし都合によりキャンセルした場合は期限内の搭乗予定を再度予約しなければ株主優待番号(株主優待券)はANA・JALとも無効になります。
変更も同じで、株主優待番号(株主優待券)の有効期間内へは変更できますが、有効期限後には変更できません。
例えそれが気象状況でフライトが欠航になった場合でも、原則は同じなので注意が必要です。
(大規模災害などで特例措置が取られた場合はこの限りではないかもしれません)

もし5月下旬に搭乗予定であれば、購入価格は高くなりますが11月末までの有効期限のANA・JAL株主優待番号を購入されるか、万一の場合は有効期限切れになることを念頭において購入価格が安くなっている5月末まで有効のANA・JAL株主優待番号を購入されるかを選択していただくことになります。

次にご注意いただきたいのは、5月末で有効期限が切れるANA・JAL株主優待番号(ANA・JAL株主優待券)の購入価格の変化です。
有効期限がある以上、原則は期限が近づけば近づくほどANA・JAL共に株主優待番号通知(ANA・JAL株主優待券)の販売価格は安くなっていきます。
最終的には5月31日の最終便の手続きが締め切られた時点で価値が0円になります。
ANA株主優待番号ですと本日の販売価格が4,500円です。
今から約45日で0円になるということなので、平均すると1日あたり100円づつ安く購入できることになります。
ただあくまで平均なので注意が必要です。
先週から今週にかけての購入価格は900円下がっており、1番下がった時は1日で400円下がっています。
これからも400円あるいは500円下がる日もあるかもしれませんが、1週間全く下がらないこともあるので基本的には待てば待つほど購入金額は安くなるのですが、待ちぼうけもあるということもご理解ください。

それどころか、瞬間的には購入価格が上がることも無いとは言えません。
ANA全日空株主優待番号通知・JAL日本航空株主優待番号通知の販売価格は仕入価格にも影響されるので、在庫が少なく入荷も見込めないようなら、その時点の相場からは少々高いと思われても仕入れる場合もあります。
その場合はANA全日空株主優待番号販売・JAL日本航空株主優待番号販売の価格が一時的に上がってしまい、待ったためにかえって購入価格が高くなってしまうと言うことも無いとは言えません。
当サイトはあまりそんなことはしませんが、在庫が極端に少なくなり確実に売り切れると判断できるような場合は、ある程度価格を上げて利益を確保するようなサイトもあるようです。

最後にご注意いただきたいのは在庫切れです。
5月末有効期限のANA・JAL株主優待券は、5月31日最終便の手続きが締め切られた時点で紙切れになってしまいます。
販売する側としてはこのことは最も避けないといけない事態です。
ベストはきっちり5月31日の夕方で売り切ることですが、お客様のご購入の動きを予測することは困難というか不可能です。
過去のデータ、今年の曜日配列やANA・JALの予約状況を見ても確実な答えは導き出せません。
更に当日の天候や急な欠航の可能性もあります。
そのような性格の商品なので、当然ですがある程度の余裕をもって売り切ることが大前提になります。

何度も申し上げますが、基本的には有効期限が近くなるほどANA・JAL株主優待番号販売の購入価格は下がるので、期限の短いものを求められる方はぎりぎりまで待たれることが多くなります。
そうなると、ある程度在庫が少なくなった時点で駆け込みでANA・JAL株主優待券を購入され、一気に在庫切れになってしまうこともあり得ます。
せっかく期限切れぎりぎりで安く買おうとしたのに、在庫切れで有効期限の長い価格が高いANA全日空株主優待番号・JAL日本航空株主優待番号を買うしかなくなってしまうわけです。

 

結論

期限切れ前の注意点の結論

結論ですが、基本は有効期限にできるだけ近い日まで待った方ANA・JAL株主優待券の購入金額は安くなりますが、待ちすぎて販売サイトの在庫がなくならないように、あるいは一時的に高くなったANA・JAL株主優待番号を購入することにならないように、深追いしないことを念頭に置くことが大切です。

なお、価格や在庫数をこまめにチェックして、変化に早く気付くことも重要です。

« ANA・JAL株主優待券購入はこんな方に | ANA・JAL株主優待券で利尻 »