2019年4月11日

優待券はこんな方に

ANA・JAL優待番はこんな方に

当サイトのANA株主優待券番号・JAL株主優待券番号の販売をいつもご利用いただきありがとうございます。
ANA株主優待券番号・JAL株主優待券番号の販売サイト「ANA・JAL株主優待即納サービス」を立ち上げて少し経ちました。
予想以上の感触で皆さまにANA株主優待番号・JAL株主優待番号を購入いただいております。
まことにありがとうございます。

出発当日でもANA・JALの航空券が格安割引になるのが、私共販売の株主優待券ですが、ANA(全日空)やJAL(日本航空)を安く利用する方法はいくつかあります。
早割やホテルパックを利用する方法、ANAやJALの株主優待券を購入する方法などです。
それぞれ特徴があり、飛行機をどう利用されるかでオススメできる商品が変わってきます。
今回は、ANA株主優待番号・JAL株主優待番号の購入をオススメできるケースをご案内したいと思います。

 

ANA・JAL株主優待券番号の購入のメリット

ANA優待券

JAL優待券

とにかく、当サイトのようなANA株主優待券番号・JAL株主優待券番号販売でご購入いただくの一番のメリットは直前でも割引運賃でANA(全日空)やJAL(日本航空)をご利用いただけることです。
出発当日でも極端な話搭乗締め切り5分前でもANA・JALの航空チケットが格安割引になるのが、私共販売のANA・JAL株主優待券です。
これが一番のメリットです。
早割でのチケット購入は、予約する時期が早ければ早いほど安くなります。
しかし反対に、搭乗日が近づくと割引率が大きい運賃のチケットは買えなくなり、割引率が悪いチケットに選択肢が限られてきます。
ホテルパックでの購入は、ホテルも付いていて旅行される時期によってはかなりお得な設定になっています。しかしこちらも購入できる期限は決まっており、直前では購入できなかったり金額的にも高かったりします。
しかしANAやJALの株主優待割引券を購入していれば、搭乗日が迫っていても搭乗日当日でも、例えばチェックイン締め切り1分前でも割引料金で航空チケットが購入できるのです。
ただしこの場合、事前にANAやJALの株主優待券を手元に用意しておく必要があります。
株主でANA・JALから送られてくる株主優待券が手元にある方以外は、チケットショップ店頭で購入するか、チケットショップが運営するウェブサイトで購入し郵送してもらう方法が一般的でしょう。
東京や大阪をはじめとする都心部にお住まいや通勤されている方は、恐らく近くにチケットショップの1つや2つあると思いますので予定が決まり次第、事前に購入しておくことは可能かもしれません。
問題は近くにそういったお店がないようなところにお住いの場合です。
通常の現物発送のサイトであれば、まず支払いはほぼ銀行振り込みでクレジットカード決済のところは見当たりません。
そうなるとまず振込手数料が必要になってくるのと、お店が入金されたことを確認するまでにどうしても時間がかかってしまいます。
さらに確認したあと実際のANAやJALの株主優待券を発送するですから、郵送される日数もある程度余裕を見ておかなければいけません。
さらに普通郵便だと遅配や誤配のリスクもあるので、それを避けようと思うと郵送料金もかさんでくることになります。
それだけ手間とお金をかけても、実際に到着するまでは数日は必要で出発までの日にちがない場合などは間に合うかどうかを気にしながら待つことになりかねません。
それに加えて天候や道路状況によっては不可抗力で送れてしまう可能性も排除できません。
しかしANA株主優待券番号・JAL株主優待券番号の販売サイトでの購入であれば、それらの心配はまったく不要です。
飛行機搭乗あるいはチケット購入直前にホームページでANA・JAL株主優待番号を購入していただくだけで、割引の株主優待運賃で飛行機がご利用になれます。
メールであれば郵便より間違いなく確実に早く到着しますし、万一メール設定に問題があった場合でもマイページで納品内容を確認できるので間違いなくすぐに割引に必要な情報が手に入ります。
ご利用の条件はクレジットカードをお持ちかどうか、カードの与信残高が問題ないかどうかだけです。

おススメのシチュエーション

シチュエーション

ですから例えばこんな利用も可能です。
急に帰省しなければいけない事情が起きたときや急な出張が決まったとき。
荷物を準備して飛行場に向かうバスや電車の中でANA株主優待番号・JAL株主優待番号を購入し、それを使って割引運賃でチケットを予約することが出来るのです。

次におすすめなのが予定がよく変更になる方です。
早割運賃は割引率が高いですが、基本的に変更ができない場合がほとんどです。
キャンセルする場合の手数料も高く設定されています。
今回の比較対象とは違いますが、ピーチやジェットスターなどのLCCも同様に変更やキャンセルができなかったり、制約があることが多いので、予約時点で注意が必要です。
ホテルパックも同様で変更はできません。それにキャンセル料は利用日が近づくほど高くなってきます。
ANA・JALの株主優待券はどうでしょうか?
変更は座席が空いていれば自由にできます。
キャンセルしても再度株主優待券を使うことができるので、基本的には無駄になることはありません。
ただANAにもJALにも株主優待券には有効期限があるので、この有効期限内に利用しない場合は株主優待券が無効になり、当然購入代金は無駄になります。
ANA株主優待券番号・JAL株主優待券番号の購入も、返品等はできませんが本当に搭乗が確実になってから購入すればいいので、ロスが発生する可能性は限りなく無くなってきます。

次のおすすめは繁忙期のご利用です。
繁忙期
早割やホテルパックは繁忙期には割引率がかなり悪くなります。
その点、株主優待番号や株主優待券の購入であれば、年間を通じて同じ割引率なのでお得感が違います。
但し、繁忙期はANA・JAL株主優待券で利用できる座席数が少なくなることがありますので、ご注意ください。

最後は、店舗に出向かなくてもクレジットカードで購入できることです。
ホテルパックやANA・JALの早割などの正規の割引運賃はもちろん自宅でクレジットカード購入できます。
むしろ店舗で購入される方の方が少数派になってきましたよね。
ANA・JAL株主優待券の実物を買う場合は店舗に出向くか、ネットで購入して郵送してもらう場合でも銀行振り込み等の現金系の決済になります。
当サイトで扱っているANA株主優券番号・JAL株主優待券番号を購入される場合は、スマホ・PC・タブレットで購入でき、クレジット決済ですぐにメール配信で受け取ることができます。
店舗に出向く時間も不要でお忙しい方にオススメです。
また店舗までの交通費や現物を郵送で送ってもらう現物販売で必要な郵送代も不要なので、結果的にお得です。
更にクレジットカードのポイントもつくので2重3重にお得になります。

以上、ANA株主優待番号・JAL[株主優待番号の販売サイトでの購入はメリット多彩です。
条件に合致する方は、是非当サイト(ANA・JAL株主優待即納サービス)のANA株主優待券番号・JAL株主優待券番号の販売をご購入ください。

急なお出かけといえば、「ANA・JAL株主優待即納サービス」!!
出発当日でもANA・JAL航空券を割引格安で利用できる、株主優待番号通知販売がお役に立ちます!

« 格安株主優待券販売サイト開設振返り | もうすぐ期限切れのANA・JAL株主優待券 »