2021年10月21日

派手さはありませんがなかなか

なかなか

那覇から高速船で1時間の座間味島をご紹介してきましたが、今回もグルメ情報をお届けしたいと思います。

ランチにもう一店舗
ぼくの店おじさん

小さな島なので飲食店も少なく、那覇にあるような目玉メニューがあるお店は少なく派手さはありませんが、なかなか侮れないお店もいくつかあります。
その中の1つが前回ご紹介したモズクそばの「和山海雲」ですが、今回はまずそのお向かいにあるお店「ぼくの店おじさん」です。

このお店も前回の「和山海雲」と同じ不定休なのが悩ましいところですが、この2店舗のお休みがかぶったところは見たことがありません。
必ずどちらかが開いていました。
ANA・JAL株主優待券販売日記の勝手な推測ですが、飲食店が少ない島なので観光客のことを考えてお休みがかぶらないように調整をしているのではないでしょうか?

「ぼくの店おじさん」はいわゆる食堂的なお店で、沖縄そば・丼物など大体何を食べても満足レベルです。
観光客には特にかつ丼がボリュームもあって人気なようですが、当サイトの格安ANA・JAL株主優待番号通知をご利用の皆様には是非お試しいただきたい一品があります。
それは「ちゃんぽん」です。
麺料理のちゃんぽんの本場である長崎の回のブログでもほとんどスルーしたちゃんぽんですが、沖縄のちゃんぽんは是非ご紹介したいと思います。
ほとんどちゃんぽんスルーの長崎の記事はこちら

かなり知れわたってきたので、当サイト販売のANA・JAL株主優待番号通知をご利用の皆様には説明するまでもないかもしれませんが、沖縄のちゃんぽんは麺料理ではありません。
基本はご飯の上に野菜炒めを玉子でとじたものがのっているもので、ドンブリではなくお皿で提供されることが多いようです。
野菜はキャベツ・もやし・ニンジン・タマネギなど、肉は豚肉やコンビーフもあればスパムミートもあります。
玉子は野菜と一体化してとじてあるモノから上にのっているタイプまで、結構バリエーションがあるのでどのパターンが出てくるのかも楽しみの一つです。
沖縄本島を中心とした食堂には大体あるメニューですが、ANA・JAL株主優待券販売日記的にはここのちゃんぽんがなかなか好みに合っています。
ここのちゃんぽんはオーソドックスに豚肉・もやし・人参・玉葱・キャベツ。
玉子は混ぜ過ぎず白身と黄身がある程度分かれていているので食べる部分で味も変わってきます。
また野菜だけ、玉子と混ざった部分、玉子だけのところと変化があるのもいいです。
当サイトのANA・JAL優待番号通知をご利用の皆様に是非意識していただきたいのがライス!!
やや硬めの炊かれていて、それが具材から出る水分とベストマッチなところが一番のお気に入りです。
ついてくるスープは小さな沖縄そばで、それもなんだか得したような気分になれます。
ボリュームもあり野菜でビタミンもとれるので、日焼けの後の体にも良さそうです。

海を眺めながらのランチ
海を眺めながらのランチ

ANA・JAL株主優待券販売日記が座間味で食べるお昼ご飯は、基本は今までご紹介した2店舗が多いのですが、お天気が良くてあまり暑くない日にはもう1つお気に入りがあります。
それは座間味村漁協直売店です。
中には食べるスペースが無いのでここではいつも海鮮丼をテイクアウトしています。
海鮮丼といっても最近はやりのエビや貝を自由に選んだりする見た目にも派手なものや、大分で記事に書いた「津久井ひゅうが丼」のように郷土料理として名前が通ったものではありません。
「津久井ひゅうが丼」のANA・JAL株主優待券販売日記はこちら

こちらの海鮮丼は「カジキマグロの漬け丼」又は「セーイカ丼」で2つのミックスも可能です。
少し前までは価格も500円だったのもおどろきですが、今でも600円でボリュームたっぷりです。
それ以外にも沖縄風のサカナやイカの天ぷらも販売しているので、トッピングとして増やすこともできます。
内地の北国のサカナのような新鮮な味ではありませんが、南国特有のねっとりした食感の海鮮もこちらの気候には合います。
先ほど天気が良くてあまり暑くない日にはと書きましたが、それはお店のすぐ前の広場で食べるからです。

ガジュマルの樹があり、その木陰にベンチが4つほどあります。
ここで海からの風を感じながら食べるお昼ご飯は最高です。
ちょうどお昼の12時になるとフェリーが入港するので、その風景を見ながらのランチもANA・JAL株主優待券販売日記のお気に入りです。
この場所は時々地元のお年寄りが「ゆんたく」しています。
「ゆんたく」とはおしゃべり、内地でいう井戸端会議のようなものですが、その場合はこの場所は遠慮するしかありません。
そんな時にはフェリーのターミナルにあるベンチはいかがでしょうか?
徒歩で2分位は移動しないといけませんが、こちらも日影があり風も良く通るのでお勧めです。
海に向けてはこちらの方が開けているので、当サイトのANA・JAL株主優待番号通知販売をご利用の皆様の中にはことらの方が気にいられる方も多いかもしれません。

« 小さな島のうれしい裏切り! | 座間味の夜は? »