2021年1月26日

稚内へもANA株主優待券で

稚内へ

ANA株主優待券購入で行く稚内

北海道へ

今日も「格安ANA・JAL株主優待券を購入して行ってみたいな・・・」というようなところを販売日記でご紹介してまいります。
このブログ記事も2回程続けて沖縄でしたので、今回は北海道にしたいと思います。
コロナ後にまず北海道でオススメするのは当サイトのANA株主優待券販売で行く北の果て「稚内」です。
以前にも稚内をご紹介したことがありますが、その時は一般的な観光地のご紹介だったので、今回は場所をかなり限定していその代わり内容的にはより深くお伝えいたします。
→以前の稚内のご紹介ブログはこちら
いつもはANA・JAL株主優待販売で行く「○○」ですが、こちらはANA全日空しか飛んでいないので「ANA株主優待販売で行く」にしました。
稚内にはANA全日空で新千歳と羽田からの路線があります。
以前はANA株主優待券の販売価格が4000円以上することもありましたので、優待券を使ってメリットが出るのは羽田からの路線だけでした。
今はANA株主優待券の価格も下がり1000円台前半のものもあるので札幌からのご利用でもお使いいただけるのではないでしょうか?
本日のANA株主優待券番号通知の販売価格はこちら

料金は新千歳からですと3月5日の搭乗でスーパバリュー運賃が約14,500円に対し当サイトを利用すると、株主優待運賃約11,500円+ANA株主優待券代1200円(1月26日時点) 合計約12,700円で1800円安くなります。
また羽田空港からですと同じく3月5日の搭乗でバリュー運賃が約43,000円に対し当サイトを利用すると、株主優待運賃約23,300円+ANA株主優待券代1200円(1月26日時点) 合計約24,500円で、なんと18,500円の大幅安になりお得です。
一点ご注意いただきたいのは、現在コロナの影響で新千歳からは一部の便が、羽田からは1日1便あった路線が運休しています。
この運休は今のとこは新千歳便が1月末まで、羽田便は2月末までは運休が決まっているようです。

ANA/JAL株主優待券販売日記のおススメ場所

おススメの場所

稚内空港は島を除いては最北端の空港です。
ANA株主優待券で空港に降り立った方にはまずは最北端を体験できる場所はいかがでしょうか?
まずは稚内駅とその先。
稚内駅は日本最北端の駅で北緯45度25分03秒と記された看板や、「枕崎駅より3,126.1km」とかかれた案内が最果て間を盛り上げます。
もし枕崎駅から在来線の鉄道で行ったとしたら3日以上かかるのではないでしょうか?
私共のANA株主優待券販売で行かれた方には、駅で終わりではなくもう少し先まで足を伸ばすことをオススメします。
その先にはまず駅を突き抜けて日本最北端の線路があります。
更に進むとドーム状の建造物があり、ここがかつての鉄道最北端の稚内桟橋駅の跡地です。
ちなみにこのあたりの地名は「開運」という場所で縁起の良い名前です。
最北端の駅を観光したら、次は当サイトのANA優待券販売を利用した方にオススメグルメです。
海の幸がまずは頭に浮かびますが、「ANA・JAL株主優待即納サービス」からは個人的な思いもあって「ラーメンたからや」はいかがでしょうか?
このお店、ミシュランガイドにも載ったことがある有名店です。
実はこの「ラーメンたからや」には振られ続けていて、それだけに思いがつのっています。
かつて2回程訪れた時はどちらも定休日。
とある都市の北海道展に出展していた時も、直前になりそこに行く予定がキャンセルでどうもなかなかご縁がありません。
訪れた方によるとわざわざそれだけでもまた行ってみたいと言われるので、当サイトのANA株主優待券販売でどうぞと宣伝してしまいました。

ANA株主優待券で日本最北端の地へ

最北端

ここまでは町のオススメ場所でしたが、自然風景のも素晴らしいものがあります。
その中でもこのホームページのANA株主優待券販売ご購入のユーザー様に推薦したいのが、ノシャップ岬の夕日が丘パーキングエリアで利尻・礼文に夕日が沈むところが感動ものです。

さらにここまで来たら絶対に外せないのは、北緯45度31分22秒の“日本最北端の地”を標す記念碑がある宗谷岬です。
その最北の端に立った瞬間は日本で一番端にいる人ということになります。
ANAやJALの株主優待券を使って東西南北いろいろな端っこに行きましたが、やはりここは別格。
天気にもよるのでしょうが樺太が思ったよりも近くに見えることで、本当に日本の端にやってきた気分が盛り上がってきます。
この最北端にもこのANA・JAL株主優待券販売サイトでご購入いただいているユーザー様にオススメの店があります。

「間宮堂」というラーメン屋さんで「塩帆立ラーメン」が人気です。
実はこの「間宮堂」ですが、普通であれば私は行かないタイプのお店です。
まず場所がずばり観光地の宗谷岬公園にあり、今までの経験では場所に甘んじて美味しいことが少ないからなのです。
建物も観光客受けを狙っていて、地元の支持が方が少なそう。
表に「ラーメンは北に来るほどうまくなる」と写真撮影用看板がありますが、味以外で客寄せしているように見える。
入店しても気分が向上するどころか、反対に内観も好みとはまったく逆でどう考えてもハズしたとしか思えません。
個人的な趣向ですが塩ラーメンにはあまり興味はなく、ホタテなど魚介類は好きですがあえてラーメンと合わせたいと思わない…と、サンザンけなして申し訳ないですがまったく印象がよくありませんでした。
ここまでなら当店のANA株主優待券販売をご利用の皆様に披露するなんてとんでもないことですが・・・
でも一口スープを口に含んだ瞬間に脱帽…「申し訳ありませんでした」。
すべてを裏切る素晴らしい出会い。
普通は「たからや」にふられた後なので、どうしても「たからや」に心残りで多少おいしくてもそう感じない性格の私が、心底おいしいと感じたのですから驚きです。
もしかすると今までで一番かも。
店の雰囲気・塩ラーメン・ホタテとラーメンの組み合わせ、すべて今までの選択基準を変える出来事でした。
ANA株主優待券で稚内に行かれる方、是非立ち寄ってみてください。

次回も格安販売ANA・JAL株主優待券を購入される方にオススメできるお店を見つけてまいります。

 

 

« ANA・JAL優待券で那覇空港へ | 少し視点を変えてANA・JAL株主優待券 »