2019年8月10日

要注意な空港

要注意

空港での時間ロスにご注意

時間のロス

ANA株主優待番号販売やJAL株主優待番号販売をご購入されるお客様は、急な出張や旅行の方が多いのではないでしょうか?
のんびりとした時間を優雅に使えるようなリゾート観光旅行であれば、少々の時間の無駄は気にならないし、むしろ非日常的な感じもすると思いますが、急な出張や急ぎの旅行であれば予定通りにいかないと困ります。
私自身も平均的な方よりはかなり飛行機を利用することが多く、その分飛行場で時間通りいかずにイライラしたこともかなりあります。
その経験から今後ANA株主優待番号販売やJAL株主優待番号販売で急ぎの移動をされる方に、要注意な空港をご紹介しておこうかと思います。
尚、私自身すべての飛行場を利用したわけではありません。
また、たまたまその時がスムーズにいった、あるいは反対に特別な事情があってすごく時間をロスしたようなケースもあります。
そこで、何度も利用しており結構な頻度で注意が必要な飛行場に話を絞って書きたいと思います。

羽田・成田・関西国際は別にして、他はそれほど構内を出るまでにかかりません。
特に地方空港は、飛行場前にレンタカー店が並んでいるところが多く送迎を頼んでいれば待ち時間で10分、送迎車の移動で5分、レンタカー手続きで10分、合計で20~30分位でハンドルが握れるところがほとんどです。
都市部の空港の羽田、成田、伊丹、関空などは構内を出るまで時間がかかることはありますが、その先は公共交通機関が発達していてかなりケースで目的地が少々遠方でもそのまま移動できます。

その中で特に空港の通過に時間がかかり注意しないといけない国内の飛行場トップ2は、北海道の新千歳と沖縄の那覇で、特にレンタカーを利用する場合です。
ANA株主優待番号販売やJAL株主優待番号販売で両飛行場をご利用される方はご注意ください。

ANA・JAL優待券購入の方へ新千歳はご注意

注意な空港

当サイト販売のANA・JAL株主優待券を御購入のお客様にまずご注意いただきたいのは、北の玄関口の新千歳です。
新千歳空港の公式サイトはこちら
新千歳空港は飛行機を降りてから出入り口までは、大きな空港の中では比較的スムーズに移動できる方ではないかと思います。
荷物を預けていても、今までの経験ではターンテーブル前で長時間待たされるようなこともそれほどありませんでした。
但し、最近は外国から来られる観光客の方も多く、そういいた方々はどうしても勝手がわからないので自分より前におられると時間がロスしてしまうこともあるのでご注意ください。
要注意なのは、荷物を受け取って出口を通過してからレンタカー会社までの時間です。
新千歳のほとんどのレンタカー店は少し距離が離れています。
送迎車に乗ってから最低でも10分、ほとんどのケースで15分位、送迎に順番や交通状況によっては20分以上はかかります。
また、空港内でも3か所位で送迎する場合があり、送迎車が出発した直後だとレンタカー会社にもよりますが20分以上待たされたケースがありますので、当サイト販売のANA・JAL株主優待番号を御購入のお客様はご注意ください。
幸いなことに空港を出発してからレンタカー会社までは、次に書きます那覇空港ほどの渋滞の可能性は空港を出てしまえば順調に行くことが多いのですが、それでも空港周辺は信号も多いのでどうしてもある程度は時間ロスも発生します。
事務所についてからの手続きの順番にもよりますが、飛行機到着後の空港内の移動も含めると最低でも1時間はみておきたいところです。
私自身は飛行機の多少の遅れも考えると、飛行機の到着予定から1時間半後にレンタカーをスタートさせるくらいで予定を立てています。
新千歳空港の場合は向かう方角にもよりますが、レンタカーを出発して10分ほどもはしれば急に信号が少なくなってきます。
すごく走りやすくていいのですが、注意も必要です。
当サイト販売のANA・JAL株主優待券をご利用の方からも何回かお聞きしましたが、空港でロスした時間を取り戻そうとしてついついスピードを出し過ぎて速度超過で切符を切られるというのが要注意のパターンです。
更に気をつけないといけないのが冬場。
路面凍結している場合がありますが、地元の方は結構なスピードで運転されます。
よほど雪道にならていない限りは、特にレンタカーはタイヤの減り具合とかも一律ではないので、慎重すぎるくらいの運転を心がけてください。
ちなみにANA・JAL株主優待券販売日記の推奨は、冬場の北海道は普段の6~7割のスピードで。
特に走り始めは半分くらいの速度でもいいくらいです。
これでも新千歳はまだまだ序の口です。

ANA・JAL優待券購入の方へ那覇空港はご注意

那覇も注意

空港でのレンタカーへの乗り継ぎで、当サイト販売のANA・JAL株主優待券を御購入のお客様に一番要注意の横綱は沖縄の那覇です。
那覇空港の公式サイトはこちら
当サイトのANA株主優待番号販売やJAL株主優待番号販売で沖縄に行かれるお客様は特にご注意ください。
那覇の場合は着陸がいつになるのかまったく読めません。
発着陸の飛行機が多く、着陸待ちが発生することも日常的です。
窓の外を見ると他の着陸待ちの飛行機が飛んでいるのを見る場合もあります。
私自身は時間通りに出発したのに、30分弱到着が遅れたことがあります。
那覇空港は自衛隊とも共用しているので、自衛隊機のスクランブル等が重なったら更に待機が必要になってくるかもしれません。
最近は飛行機の中でもWi-Fiが使えるようになったので、機中でもメールやラインを使って取引先などに事前に遅れる旨を連絡できるのはいいのですが、それでも30分とか遅れたら困りものですね。
那覇へ行かれる方でスケジュルールが厳しい方は、離陸したらWi-Fiの設定だけは事前に準備しておかれることをANA・JAL株主優待券販売日記ではお勧めします。

今新しい滑走路を工事中で来年春には運用するようなので、来年以降はかなり改善されるのでしょうが、今現在はかなり注意が必要です。
また空港内の移動も新千歳よりかかる場合が多いように思います。
駐機場の場所にもよりますが、動く歩道を使ってもかなりの時間が必要です。
荷物の受取もかなり待つ場合もあります。
到着が遅れるような状況だと、預けた荷物が出てくるターンテーブルに行くとまだ1つ前の便の荷物さえ出てきていないようなこともあります。
また、釣りやマリンスポーツなどの大きな荷物も多いので、自便の荷物も後の方で出てくるようだと更にかかり、20分以上は覚悟しないといけないこともざらです。
やっと荷物を受け取って出口を通過しても、それからがまだまだ長いのが那覇空港です。

レンタカーの受取がまた一苦労です。
「ANA・JAL株主優待即納サービス」をご利用の方にお伝えしたいレンタカー以降の話と那覇空港での回避策が若干ありますが、少し長くなりましたのでそれをまた改めて書きたいと思います。

« ANA・JAL株主優待番号通知の利用シーン | 要注意な那覇空港 »