2020年4月3日

ANA株主優待券でどうですか 那覇路線でキャンペーン

ANAの那覇キャンペーン紹介

ANA株主優待券でも 那覇路線でキャンペーン

那覇路線でお得なキャンペーンです

国内線が各地で減便されていて予定を組まれるのも大変かと思います。
減便とそれに少しでも対応する方法については以前のブログでかきましたが、今回は少し明るい材料でANAの那覇路線でキャンペーンです。
減便への対応方法のブログ記事はこちら

ANA株主優待番号販売を使って沖縄旅行する方はいませんでしょうか?
全日空(ANA)では2020年4月1日(水)から4月30日(木)まで、ANA那覇線に搭乗する方を対象に免税店「Tギャラリア沖縄」で限定特典が提供されるようです。

イベント内容のニュースはこちら

期間中、Tギャラリアの2階レセプションでANA那覇発着便の搭乗券を提示して「特典パスポート」を手に入れると、いろいろな特典を受けられます。
当サイト販売のANA株主優待券をご購入のお客様へのご紹介ですが、優待券運賃以外でも対象です。
「ANAラッキールーレット」に挑戦すると、1等はDFS商品券、ハズレでオリジナルグッズがもらえます。

来店するだけでも、毎日先着100名に沖縄限定の「じゃがりこタコライス味」2パックがプレゼントされます。
タコライスは沖縄のソウルフードの定番中の定番、一度食べてみたところです。
できれば「じゃがりこ沖縄そば味」や「じゃがりこゴーヤ味」「じゃがりこ泡盛味」なんかも作ってほしいですよね。
しかし、この新型コロナが流行ってきている時期に飛行機に乗って那覇に出かける人がそんなにいるのでしょうか?

恐らく飛行機事情が低迷している為か、このところANA株主優待番号(JAL株主優待番号の販売)の販売がめっきり止まっています。
もちろんANAもJALも新型コロナ感染防止対策はもれなくされていると聞いています。
機内の消毒は徹底しているそうですし、ドリンクの提供も紙パック入りのものだけにしたりしているようです。
ラウンジの飲み物もJALではポットを触るトマトジュースや牛乳はなくなったようです。
飛行機は機内の空気も5分くらいで入れ替わるので、換気については問題ないようですが、那覇路線というとどうしても長距離になってしまうところが気になります。
東京からですと2時間はかかりますから・・・

コロナ禍の那覇

沖縄へのコロナの影響

先日も重要な用事で那覇まで私共販売ANA株主優待券をご購入いただき飛行機を利用したあるお客様がお店に来ておっしゃってました。
「沖縄の様子が数か月前と全く変わっている」
「飛行機は減便しているのに、1つの便の搭乗率は30%ほど。那覇空港についた時は待合スペースにまだ人はいたが、その後は今まで見たこともない沖縄だった」そうです。
まず、レンタカー送迎車が10人以上乗れるところに1人だけ。
そのレンタカーも1000CCクラスが2泊3日で2,000円。
しかも直前キャンセルでもキャンセル料不要の特典付き。
外国人はもとより国内の観光客も激減(当然私共が販売しているANA株主優待券を購入されたお客様も激減でしょう)で、何とか少しでも乗ってもらおうとのことで赤字覚悟の大出血です。
レンタサイクルよりも安い!!

ホテルも普通は1泊6500円のところが2泊5000円!!
これも空室を少しでも無くそうとの涙ぐましい努力です。
駐車場もいつもは取れないところが、2日とも1台しか駐車していなかったようです。
旅行者が多い国際通り近くにも用事があり行ってみたそうですが、12月に行った時の2割も人が歩いていなかったみたいです。
ホテルの人が言っていたそうですが、ホテルやレンタカーも値引き割引で何とかやっていますが、お土産店までもだそうです。
どういうことかというと、お土産店もお客様が少なく他店と取り合いの状況で値引きをしているようです。
中には賞味期限が短くなり始めている商品もあって、交渉次第でさらに値引きをしてくれるところもあるようです。
何か海外のお土産屋さんみたいですよね?
もちろん人気の沖縄そばやさんも普段とは全く違っていたみたいです。
普段は駐車場はいっぱい、行列はできる、落ち着いて食べられないお店が・・・
まったく並ばずに、店員さんと会話が楽しめるくらいのひまな状態だそうです。
これでは、ANA株主優待券(もちろんJAL株主優待券も)の販売が伸びないのも仕方がないのかも?
幸いなことに行かれた時点での沖縄の感染者は数名で、しかもすべて沖縄以外で感染した方で、沖縄の中での人から人への感染はまだ起こっていなかったようです。

そんな状況なのでANAも那覇でキャンペーンを実施するのでしょう。
この私共が販売しているANA株主優待券を購入されたお客様も、迷ったけれども沖縄に行くことにしたとのことです。
もしかしたら、あえてこんな状況だからこそANAは少しでもお客さんを誘致しようとしているのでしょうか?
そこまでいかなくても、こんな状況でも飛行機を利用してくれるお客様に少しでも満足して帰ってもらおうというANAの心遣いなのでしょうか?
毎日先着100名に沖縄限定の「じゃがりこタコライス味」2パックのプレゼントも、恐らく普通のコロナ前の最盛期の状況ならお昼前には100名で終了なんでしょうが、もしかすると夕方になってもまだまだ余っている様は残念な状況かもしれませんね?

こんな時だからこそという事で、当サイト(ANA・JAL株主優待即納サービス)も何か企画でもすればいいのでしょうが、ANA株主優待券やJAL株主優待券を少しでも格安で販売するか、ポイントをアップするくらいしか方法がありません。

何とかこの新型コロナの状況が1日でも早く改善して、みなさんがANAやJALを利用して(できることなら当サイトの株主優待券をご購入いただき)日本全国に気兼ねなく行ける状況になればと願うばかりです。

今回のANAのキャンペーンも実施されるからには、無事少しでも盛況に終わることを期待しています。
当サイトのANA株主優待番号販売を使って那覇に行かれる方は、もしよろしければイベントに行ってみてください。

« ANA・JAL株主優待券の今後の価格動向 | ANA・JAL株主優待券がお得な路線 »