2019年8月6日

ANA・JAL株主優待番号通知の利用シーン

こんな時もANA・JAL株主優待番号

ANA全日空やJAL日本航空に株主優待割引で搭乗するには、実際の株主の方以外であれば株主優待券の現物をネットかチケットショップで購入するか、当サイト(ANA・JAL株主優待即納サービス)のようなANA全日空やJAL日本航空の株主優待券番号の通知販売を利用するかどちらかになります。

当サイトのようなANA全日空やJAL日本航空の株主優待券番号の通知販売を利用される方は、どのような方が多いのでしょうか?
当サイトを構築するときに利用シーンを考えた工夫を織り込んだことは以前のブログでも書きました。
→利用シーンを考えた工夫のブログ記事はこちら
最近はお問い合わせでもどんな場合に「ANA全日空株主優待券番号販売・JAL日本航空株主優待券番号販売を使われているの」と利用シーンをお聞きなる方も増えてきているので、実際に使いにないる事例をご紹介いたします。

ANA・JAL株主優待番号通知のビジネスでのご利用

ビジネス

まず1番多いのが急な出張等ビジネスでANA株主優待券番号通知(全日空株主優待券番号通知)・JAL株主優待券番号通知(日本航空株主優待券番号通知)販売を利用する方です。
一般企業以外でも弁護士や公務員、芸能マスコミ関係など職種をかなり広範囲にわたります。
出張が決まったその日や翌日に搭乗される場合は、チケットショップに行って現物のANA株主・JAL株主優待券を購入している時間的な余裕はないことが多いものです。
そんな時は、ANAやJALの空株主優待券番号通知販売を購入しての割引は非常に便利です。
その日に飛行機に搭乗するような場合でも、出張が決まってから空港に向かう電車やバスでの移動中でもANAやJALの株主優待券番号通知を購入できます。
また自動車などで空港に到着した後でも、スマートホン(もちろんパソコンやタブレットでもOK)さえあれば10分ほどで株主優待券番号が買えます。
とにかくタイムイズマネーという場合は、ANA株主優待券番号通知(全日空株主優待券番号通知)・JAL株主優待券番号通知(日本航空株主優待券番号通知)販売は何よりの武器になります。

緊急な帰省にANA・JAL株主優待番号通知を

帰省

次に個人利用の方で多いのが、緊急案件での帰省や旅行などです。
起こってほしくないケースがほとんどですが、母校が甲子園で勝ち進んで決勝までいってしまったといった予想しなかったうれしい誤算も含みます。
こんな時は、今までのチケットショップでANAやJALの株主優待券を購入するといった悠長なことは言っていられません。
かといって割引のない航空券を購入して飛行機に乗るのは相当の痛手です。
このような時に現物のANA株主優待券(全日空株主優待券)・JAL株主優待券(日本航空株主優待券)をネットで購入して取り寄せるなどという事は論外です。
当サイトのようなANA全日空株主優待券番号販売・JAL日本航空株主優待券番号販売であれば、このような状況でも空港への移動中に購入して割引に必要な情報が入手できるので非常に便利です。

天候不良もANA・JAL株主優待番号通知を

台風の時もANA・JAL優待番号

3番目にご紹介するのが、天候による飛行機の欠航が予測されるような場合のANA全日空株主優待券番号通知・JAL日本航空株主優待券番号通知の利用です。
特によくあるのが、夏~秋にかけての沖縄の台風と冬の北国の大雪です。
台風や雪で欠航するような場合は、基本的には飛行機に乗って出かけない方が良い場合が多いと思います。
でもどうしても出かけないといけない用事がある場合には、欠航になる前に移動するしかありません。
例えば台風の直撃や大雪が旅行先から帰りの飛行機と同じ日になりそうな場合などもそうです。
このような場合は、人よりも早く決断して行動するしかありません。
航空会社が欠航決めてからアクションを起こしていたのでは、それより前の運行している便に変更することはかなり困難です。
多少自費負担になっても帰ってこようと決めた場合、当サイトのようなANA全日空株主優待券番号販売・JAL日本航空株主優待券番号販売であれば、航空会社が欠航を決める前にタイムロスなしにアクションが起こせます。
時間に余裕があれば台風の沖縄や雪の北海道で天候が回復してから帰ってもいいのかもしれませんが、ほとんどの方は仕事などの予定があってそんな悠長なことはできないのではないでしょうか?

特に注意は沖縄の離島で台風にあった場合です。
実際にあった事例です。
沖縄のトップシーズンに離島に行った時のことです。
離島に到着し翌日に発生していた台風の進路が大きく変わりました。
このままでは直撃の可能性の予報が17時に発表され、それを確認したのが18時です。
その時はJALでしたが、まだ欠航や変更に関する優遇処置はホームページなどでは発表されていませんでした。
帰ってからの大事な予定があったので、どうしても日程を遅らせるわけにはいきません。
この時はたまたま仕事がらJAL株主割引券(株主優待券)を持っていたので、ネットで急遽翌日の離島から那覇空港経由で戻る便を手配しました。
翌朝にJALホームページを見てみると、その日の離島から那覇、那覇から羽田はすべて満席になっていました。
欠航と変更の特別対応がJALから発表されたのは、更にその後のことです。
この時はJAL株主優待券をたまたま持っていましたが、もし持っていなくても割引に必要な情報が買えるANA株主優待券番号通知(全日空株主優待券番号通知)・JAL株主優待券番号通知(日本航空株主優待券番号通知)があれば安心です。
ちなみに後日談ですが、欠航と変更の特別対応が発表されてからアクションを起こした人は、欠航していた期間とその後満席が2日続いたことで4日間も離島に缶詰になったとのことです。

これ以外にもいろいろあると思いますが、普段はホテルパックや早割を利用されている方も、
ANA全日空株主優待券番号通知・JAL日本航空株主券優待番号通知で割引を受ける方法があるということを頭の片隅に置いておかれたら、役に立つこともあると思います。

その他にもお花見や紅葉見物に優待券を活用されているお客様もいらっしゃいました。
以前に記事にしていますのでご興味ある方は是非ご覧ください。
お花見や紅葉見物に優待券を活用されているお客様のブログ記事はこちら

« ANA・JAL株主優待券も変わったなぁ | 要注意な空港 »