2021年2月22日

杜の都へもANA・JAL株主優待券で

仙台

ANA・JAL株主優待券で仙台へ

東北へ

先日の地震は驚きました。
10年経っても東日本大震災の記憶は鮮明です。
被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。
その応援を兼ねてということではないのですが、今回揺れも強かった仙台周辺をこのANA・JAL株主優待券販売日記で取り上げたいと思います。
仙台空港は東北で一番大きな都市にある空港ですので、ANA・JAL株主優待券を購入してビジネスで行かれるお客様も多いのではないでしょうか?
さすが東北一の空港です。

ANA・JAL株主優待をご購入の方に絞っても路線多数です。
ANAが新千歳・成田・中部国際・伊丹・広島・福岡・那覇から、JALが新千歳・伊丹・出雲・福岡から就航しています。
ANAは北から南まで日本全国の主要都市を結んでいますし、JALは出雲空港と路線があるのが特徴ですね。
ANA・JAL株主優待券を購入すればかなり空港から割引での利用が可能です。
※ANAの成田便は現在欠航中のようです。

ANA・JAL株主優待券で行きたい仙台グルメ

牛タン

杜の都を観光で訪れるとすると定番は仙台城跡や伊達家関係、周辺となると松島などかなり有名どころがいっぱいです。
それらに関してはANA・JAL株主優待券販売日記以外に譲るとして、ここでは周辺の食にターゲットを絞って取り上げたいと思います。

まずANA・JAL株主優待販売利用で仙台市内に行かれる方にとって絶対はずせないのが、牛たんですよね。
ところで「牛タン」「牛たん」どちらを書きますか?
全国的には「牛タン」とカタカナで書くことが多いと思いますが、仙台は「牛たん」とひらがなで書いているお店が多いようにANA・JAL株主優待券販売ブログでは思います。
もしこのあたりの事情をご存じの方がいらっしゃいましたら、是非ANA・JAL株主優待券販売日記までご一報ください。
で、お勧めのお店はというと・・・
ありません!
いや、ありすぎてご紹介できません。
このANA・JAL株主優待販売ブログでは具体的なお店の名前を出す時と、名物の紹介だけにする場合があります。
後者の時はありすぎて紹介できないし、特にハズレのお店が少ない時がこのパターンです。
今後も時々こういうことがありますが、ANA・JAL株主優待券購入のお客様にオススメの店がないというわけではなく絞れないだけです。
そういう時は是非、ご自身の嗅覚と情報収集で探してみてください。

次にANA・JAL株主優待券のご購入で仙台を訪れるお客様にご紹介するのが「マーボー焼きそば」です。
この「マーボー焼きそば」うまいこともありますがそのエピソードも非常にユニークです。
なぜなら元々「マーボー焼きそば」は元々はこのエリアのご当地グルメというほどのポジションではなかったからです。

仙台と言えば「牛たん」「笹かまぼこ」・・・などご全国レベルで有名なご当地名物の宝庫です。
そんなところにある町の中華屋「まんみ」さんの賄いが出発点の料理でした。
それもそれほど人気があるものではなかったそうです。
それがあの「秘密のケンミンSHOW」が仙台名物として取り上げたところ、一気に人気者になりました。
その後、他のお店も巻き込んで名物として育て上げたそうです。
ANA・JAL株主優待券販売日記で調べたところ「秘密のケンミンSHOW」のトンデモナイ勘違いであったようです。

で、実際に食べた感想ですがANA・JAL株主優待販売日記では元祖の「まんみ」さんでいただきました。
カリカリの麺で、マーボー餡の中にはネギとひき肉がたっぷりです。
さらにそのボリュームもかなりでお腹いっぱいになります。
TVで取り上げる前はそれほど人気がなかったとのことですが、それまでおいしさに気付いてなかったのか?それとも人気が出そうなので一工夫したのか?
もし放送前に食べたことがある方がいらっしゃれば、このあたりの情報をANA・JAL株主優待販売日記までお寄せください。

ANA・JAL株主優待券ブログオススメ旅館

和風旅館

3つ目にANA・JAL株主優待券利用で行かれる方にオススメしたいのは宿泊施設です。
仙台からは少し離れていますが、みやぎ蔵王の遠刈田温泉「たまや旅館」はいかがでしょうか?
遠刈田温泉は標高330mの高原にある周辺は静かな雰囲気漂う山の湯です。
お湯は茶褐色で少し熱めで、冬でも湯冷めしにそうです。
ANA・JAL株主優待券販売日記で訪ねた時はゴールデンウィークでしたが、雪が舞うような気温でした。
その時も確かに湯冷めとは無縁、いつまでもポカポカしてました。
お湯も最高ですが、ANA・JAL株主優待券を購入して行かれる方に本当にお勧めしたいのはここからです。

料理がとにかく手が込んでいます。
夕食は広間ですが衝立で仕切られていました。
広間に入ってまず驚くのがその品数の多さです。
これだけの品数を調理するのはさぞかし大変だろうと思います。
内容も、海のものから山のものまで・・・
海のモノもエビや牡蠣などいろいろ出ますが、なんといってもこのANA・JAL株主優待券販売日記でお伝えしたいのは山の幸です。
蔵王の幸が凝縮していて、時にはシカやクマも出るそうです。
食事会場の壁には額がかかっていて、よく見るると古い料理のメニュー。
かすてらなどの文字も見えます。
昔のお祝いの膳のメニューとのことで、昔の料理を思い浮かべながら今の美味しいものをいただく至福の時をANA・JAL株主優待券ご購入の方に是非体験していただきたいです。
たまや旅館のホームページはこちら

« 祝!具志川商業高校で・・・ | ANA・JAL株主優待券でメタボ覚悟の福岡 »