2021年8月26日

お買い間違にご注意を!

2021826

ANA・JAL株主優待券の格安販売サイトを運営していると、時折ですが買い間違いをしたとご連絡を受けることがあります。
この場合、返品や交換は一切お受けしていないのでお客様側でご使用いただく他には方法がありません。
特に最近多くなったというわけではなく、振り返ってみるとANA・JAL株主優待券の格安販売サイト開設からそれほど立っていない時期のブログやその後の記事としても取り上げていたので当初からの悩みでもありました。
サイト開設当初のお買い間違えのブログ記事はこちら

また、間違い購入などに関するお客様からのご質問をまとめたQAも以前に記事として作成していますので、参考までにリンクいたします。
お客様からのお問合せの紹介記事はこちら
出来るだけ見やすい表示を心がけており、少しはホームページの改善も試みましたがやはり時折発生しています。
ANA・JAL株主優待券の格安販売の同業で情報交換ができるところとも話をしましたが、やはり現物販売・番号通知問わずお買い間違いはあるようですが、どうしても番号販売で多く起こりやすいようです。
最終的にはお客様ご自身でご注意をいただく以外には対処方法はないのですが、やみくもにご注意くださいと言い続けても効果はないかもしれないので、お間違いの傾向を調べてみましたので是非参考にしてください。

間違いの多いパターン

間違い

有効期限の間違いというのは全くゼロというわけではありませんが、サイト開設当初以来ほとんどありません。
もしあったとしても必要以上に有効期限が長いANA又はJALの優待券を買ってしまったような場合は、それほど販売価格が違うわけではないのでそのまま特に何も言われないだけかもしれませんが、とにかく私共の耳には全くと言っていいほど入ってきません。

圧倒的に多いのがANAとJALなど航空会社の間違いです。
それも大半が本当はJALの格安株主優待券をご希望だったところが、ANAの格安株主優待券を買ってしまったというケースです。
これについては恐らくですがホームページの表示レイアウトが影響しているのではないかと思います。
私共のホームページはANA・JALの格安株主優待券を写真入りで掲載していますが、上からまずANA優待券がその次にJAL優待券が表示されるようになっています。
そのため本当はJAL優待券を購入されるおつもりのところが、ANA優待券が出てきたところで枚数を入力して処理を進めてしまわれているのではないかと思います。
処理の流れでは「カート画面」→「お支払いカードの入力画面」→「内容確認画面」と最低でも3回は購入商品が表示されますが、恐らくすべてスルーしてしまわれているのではないでしょうか。

ちなみにANAとJALを同時購入される場合では、まったくお買い間違いは発生していません。
それとANAとJALの画面配置を反対にするなども検討しましたが、反対にしても今度は逆の間違いが起こりうることと、現状はANAの格安株主優待券を購入される方が圧倒的に多いので、多くの方の利便性も考慮して現状のANA→JALという表示順は変更しないことにいたしました。
JALの格安株主優待券をお買い求めのお客様は特にご注意ください。

要注意の日

要注意

日によっても間違いが多い時があります。
特に何曜日が多いというような傾向はありませんでしたが、連休中、特にお盆やゴールデンウィークなどの長期連休の時に間違いが多いようです。
特に理由はわかりませんが、連休中は空席がすぐに埋まる可能性が高かったり数席しか空席がないようなことも多いものです。
特にANA・JALが株主優待券で利用できる座席数をかなり制限していることもあるので、普通席以上に空席が少ない場合があります。
その為、どうしても気持ち的に焦ってしまいやすいのかもしれません。

操作される時間

時間

私共の格安ANA・JAL優待番号を購入される時間にも特徴がハッキリと現れています。
間違いが多い時間帯は圧倒的に深夜の時間帯でそれも日付が変わってかなり時間がたったころです。
1日のお疲れが出てしまう時間ですし、中にはアルコールを飲まれている場合もあるのかもしません。
どうしても集中力が欠けてしまう時間には特にご注意お願い申し上げます。

ご購入枚数

枚数

これはあくまでも比較的ですが、1~2枚と少ない枚数のご購入でお間違いが多いようです。
ちなみに5枚以上と以下では発生する率は3倍ほど5枚以下の場合が多くなっています。
あくまで憶測ですが枚数が少ない(=金額が低額)ということでどうしても「内容確認画面」などを機械的にスルーされやすくなってしまうのではないかとも思います。
ちなみに少し前のブログでも書きましたがお盆の始まりの3連休は1~2枚の購入のお客様が多数でした。
お盆始まりの3連休のANA・JAL株主優待券販売の様子はこちら
今回のブログの内容からすると連休と少数の購入という要素が重なったためか、比較的買い間違いでお問い合わせいただく件数が多かったように思えます。

これまでの内容をまとめますと、JALの格安株主優待券・連休中の購入・深夜の購入・枚数は少ない場合というのが誤注文の多いパターンです。
ですが、このどれにも当てはまらないケースもありますので私共のホームページで格安ANA・JAL株主優待券をご注文の際は必ず最終確認をお願い申しげます。
私共といたしましても、近々のサイト変更の時にはクレジット決済の前段階で最終確認を促す文言とチェックボックスを設置する予定でいます。

もしご利用者のお立場から何か良いアイデアがあるようでしたら是非お教えください。

« ブログにいただいたご意見に対して | 台風シーズンですね! »