2021年7月17日

海のものグルメ・・・

20210716

昨日からご紹介しています世界自然遺産登録予定の奄美大島のグルメ情報ですが、今回のANA・JAL株主優待券販売日記ではかなり食材のターゲットを絞ったお店をご紹介したいと思います。

新鮮な魚が食べられるお店

新鮮な

まず最初にご紹介するお店は龍郷町にある「漁師料理 番屋 」さん。
ANA・JAL株主優待券販売日記の印象では「番屋」とは北海道などの北国にある漁師さんが漁の為に泊まり込む小屋のことだと思っていたのですが、ネットで調べたところgoo辞書に「知床半島で・・・」となっていました。
→goo辞書の内容はこちら

ちなみに同じ世界自然遺産の知床についての記事をブログで書いたように、知床のこともよく知っていますが奄美の番屋には知床的な雰囲気は全くありません。
→知床のANA・JAL株主優待券販売日記の記事はこちら

その「漁師料理 番屋 」ですが空港からですと25分位でしょうか。
7月6日のブログで書いた西郷隆盛が上陸した地点のすぐ近くにありますので、西郷さん関係の観光途中にも立ち寄れる立地です。
→7月6日のブログ記事はこちら

店名からわかるように、こちらは奄美の海の幸をメインに提供しているお店です。
まず外観は初めて行かれた方ならちょっと引いてしまう感じです。
かなり古い建物で、中の様子もまったくわかりません。
「営業中」とは書いていますが、やっているのかどうかわからないようなたたずまい。
メインの看板は「漁師料理 磯料理」ですが、入り口近くには黄色い「軽食・宴会」という看板もおいてあります。
余談ですが、この「軽食」というのは何を指しているのか全く不明。
喫茶店で食べるような「軽食」的なものはなく、すべてがっつり食べるメニューぞろいです。
一品料理もありますが、定食系やドンブリが中心です。

その中でも当サイトのANA・JAL株主優待券の格安販売をご利用の皆様に是非お勧めしたいのは「ウニ丼」。
奄美名産のシラヒゲウニを使ったドンブリです。
一昨日のブログでも書きましたが、ムラサキウニやバフンウニよりあっさりしています。
濃厚な味では一歩譲りますが、その分上品な味わいでドンブリで食べても最後まで美味しくいただけます。
その他では「海鮮丼」ですが、これは事前に確認をお願いします。
というのは近年シラヒゲウニが不良のため「海鮮丼」の中身が変わったという話を耳にしました。
以前はイカ・タコ・サカナ系・ヤコウガイの中心にシラヒゲウニが乗っていて、奄美生ものオールスターズだったのですが、最近はシラヒゲウニの代りに海ブドウが入っているようです。
もちろん海ブドウも美味しい食べ物ですが比較的どこでも食べられるので、珍しさと他の刺身と一緒に食べる時のインパクトという点では、どうしてもシラヒゲウニに分があるようにANA・JAL株主優待券販売日記では思えます。
以前より価格は少し安くなっているようですが、御確認いただいた方が間違いないかと思います。
定食ものもボリュームたっぷりで新鮮なものを使用していますので、何を頼んでも間違いありませんが焼き魚でも煮魚でもその日によってサカナの種類が変わりますし、魚の種類や名前も本土とは違うのでどんな魚なのかは聞いてから注文された方がいいかもしれません。

「漁師料理 番屋 」さんのもう1つの隠れたオススメが「マダ汁」。
ほとんどの定食やどんぶりについてくるので、特別に注文する必要はありませんがこの「マダ汁」が隠れた4番打者です。
「マダ汁」とはイカの墨汁で奄美の郷土食です。
以前のANA・JAL株主優待券販売日記で「黒グルメ」という記事を書いた時にも取り上げていますので、ぜひそちらもご覧ください。
→「黒グルメ」の記事はこちら

具材はイカ中心で非常にシンプルですが、なんとも言えないコクがあります。それが他のメイン食材やドンブリと絶妙な組み合わせです。
1,000円プラスすると「マダ汁」を「伊勢エビ汁」に変更できるので非常に興味はあるのですが、ANA・JAL株主優待券販売日記ではいつも「マダ汁」をあきらめきれずに変更した経験がありません。
もしかしたら「マダ汁」が本当の目的なのかもしれません。

秘伝のタレで味わう鰻

うなぎ

「漁師料理 番屋 」さんがかなり長くなってしまいましたが、同じ龍郷でもう1件。
今度はうなぎ屋さんを当サイトの格安ANA・JAL株主優待券販売をご利用の皆様にご紹介したいと思います。
「大勝うなぎ」さん。
龍郷町の山の中の大勝(おおがち)というところにあります。
南の島でウナギのイメージがわかない方も多いかもしれませんが、暑いところだからこそのスタミナ食。
甘辛なタレは名産の黒糖によるものなのでしょうか、非常に自然なひつこくない甘さです。
提供されるうな重は御飯とかば焼きが別々のスタイルです。
御飯の味を自分好みに調整して食べられるのと、最初から最後まで同じではなく自分で変化をつけられるところが気に入っています。
価格も安く、並1800円・上2300円とかなりお得です。

こちらでもう1つANA・JAL株主優待券販売日記でお勧めしたいのは、ウナギの味噌鍋。
南国の奄美で出すくらいですから自信作です。
味噌がウナギのうま味を凝縮するのか、かば焼きなどとはまったく違う楽しみ方ができる逸品です。
暑い南国で熱いスタミナ料理。
かなりはまってしまう組み合わせです。

次回も更に食材ターゲットを絞った島グルメのお店をご紹介したいと思います。

 

« グルメも世界遺産クラス? | 畑のものグルメ »