2021年2月19日

ANA・JAL優待券は上げ傾向!

上げ傾向

メール通知ANA・JAL株主優待番号の価格も上げ傾向?

上昇傾向

本日もANA・JAL株主優待券販売日記で皆様のお役に立てる情報をお届けできたらと思います。
先日もこのブログで、ネットニュースや新聞でANA・JAL株主優待券の販売価格が上がっているという記事があったことをお伝えしました。
ブログ記事「ANA・JAL株主優待券の価格のニュース?」はこちら
内容は記者の方が取材用にANA・JAL株主優待券を購入しようとしたところ、1週間で販売価格が1.5倍になっていたそうで地震により新幹線が止まっていることが影響しているのではないかというものです。
当サイトの見解では、ANA・JAL株主優待券の販売価格は地震の前から上がり始めていた為、一部では地震が影響してるもののそれは限定的で、他の原因の方が大きく影響しているのではないかとお伝えしました。
この記事を書いた後も価格は上がっています。
優待券実物の販売も、ANA全日空株主優待番号・JAL日本航空株主優待番号のメール通知販売も同じように購入いただく価格が上がっています。
でも原因は良くわかりません。

当サイトのメール通知のANA・JAL株主優待券も販売数にそれほど変化があるわけでありません。
特に新幹線の代替に飛行機を利用されるような場合は、まずすぐ手に入るANA・JAL株主優待番号のメール通知購入が最初に動き出し、その次が店舗での販売で、実物の通販は時間がかかるためほとんど関係ありません。
他のところの状況はよくわかりませんが、当サイトのANA・JAL株主優待番号のメール通知販売があまり変化がないとすると、新幹線の影響はかなり限定的なような気がします。

通常、皆様が購入されるANA・JAL株主優待券の価格が上がるパターンは2つあります。
1つ目はこのサイトのようなANA・JAL株主優待券のメール通知販売や店舗での売り上げが好調で価格が上がっていくという販売側の事情による場合。
2つ目は入荷が少なく思ったほどの在庫が確保できない状態が続くと、入荷を増やしたいために買取り価格が上がります。
買取り価格が上がったことが当サイトのANA・JAL株主優待券のメール通知販売や店舗の価格に影響して、購入される価格が上がってしまう場合です。
2つ目の場合は買取り側の事情主導のパターンです。

今回の場合は買取価格が先に上がって、そのために当サイトのようなメール通知のANA・JAL株主優待番号の価格も上がっているようです。

ANA・JAL優待券のメール販売価格はデータ的には?

データ的に

皆様がANA・JAL株主優待券を購入される価格がその時々でかなり違うように、ANA・JAL株主優待券は相場商品です。
その為、常に価格の動きを注視すると同時にデータを蓄積したりして、今後の動きを考えるようにしています。
今の動きを見ていると過去のデータ的にはそれほど力強く上がっていくような理由はあまり見つかりません。
すべてのデータを公表することはできませんが、差し支えない範囲ですと需給関係です。

当サイトでのANA・JAL株主優待番号通知のメール納品数と入荷数を見てみると、1月は入荷が上回っていました。
2月になりANA・JAL株主優待番号通知のメール納品数=仕入数の状態が続いています。
今週はややメール通知での販売が上回ってきましたが、まだまだ1月の在庫がある状態です。
まだ在庫の貯金がある状態なので、他のところと比較すると少しは価格上昇を抑えられており、今現在は同様のANA・JAL株主優待番号のメール販売サイトよりはやや格安でご購入いただけるのではないでしょうか?

少し横道にそれましたが、データだけを見ると1つの指標を除いて当サイトのメール納品のANA・JAL株主優待番号の購入価格が上がっていくようには思えません。
1つだけは上昇のサインがあるのですが、それも決して強いものではなくどちらかと言えば上昇する傾向を示している程度です。

データ以外でANA・JAL株主優待券の価格は?

データ以外

それではメール通知のANA・JAL株主優待券販売やその他の販売価格が上がらないかと言えば、現実的に上がってきています。それにデータ以外のところに視線を移すと気になる部分があります。
それは買取り価格の上がり方のパターンです。

1社だけが在庫を補充したいと思い買取り価格を上げた場合、一旦価格は上がりますが継続して上昇するすることはありません。
競争原理が働くから競い合ってANA・JAL株主優待券の価格が上がっていくわけで、多くの場合2~3社が競うように思えます。
今回の場合はこれが最低でも5社位が日替わり(もしかすると時間替わり)でトップの買取価格を付けています。
普段はなかな見られないような数の競争です。
それともう1つ気になるのは、1つのところが買取り価格を上げた時の他の会社の反応が異常に早いことです。
普通は翌日や翌々日にしか動かないとところも、即反応と言っていいほどです。
それだけ各社が他のお店の動きに神経をとがらせているのだと思います。

こういったデータ以外の状況を考えると買取価格はまだ上がりそうで、その結果当サイトのようなANA・JAL株主優待券のメール通知でご購入いただく販売価格にも影響が継続する可能性が高そうです。
引き続きANA・JAL株主優待番号の販売価格動向を調べて逐次お伝えしてまいります。

« 株主優待販売日記へ青森からのお叱り! | 近距離もANA・JAL優待番号メール通知! »