2020年5月26日

緊急事態宣言解除

緊急事態宣言終了

緊急事態宣言解除後の動き

緊急事態宣言解除で

これでANA・JAL株主優待券も動き始めるのでしょうか?
昨日5月25日に新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言の解除が宣言されました。
緊急事態宣言解除にニュースはこちら
これを受けてANA全日空株主優待番号通知・JAL日本航空株主優待番号通知の販売価格はどうなっていくのでしょうか?

宣言解除といっても、県境をまたぐ移動はまだまだ控えるようにということです。
実際にANA全日空株主優待番号販売・JAL日本航空株主優待番号販売がよく利用される北海道方面などは、まだまだ感染されている方も多いので一気に開放ではないような感じです。
全体像としては5月末までは引き続き不要不急の帰省や旅行などで都道府県をまたぐ移動を避け、6月18日までは特定警戒都道県であった東京、神奈川、埼玉、千葉4都県や北海道との間の移動は慎重に対応しないとだめなようです。
それまでの期間は、都道府県の域内の観光振興を取り組み状況を見つつ、6月19日以降は都道府県の域外からの観光客に徐々に来てもらうことになるようです。

最終的に他県からの観光客を積極的に誘致するのは7月10日以降なので、今後の状態にもよりますが、
飛行機需要(ANA全日空株主優待番号販売・JAL日本航空株主優待番号販売需要)が回復するのは7月以降なのもしれません。
とはいっても、先週あたりから国内旅行の予約も少しは入り出してはいるようです。
また調査会社のアンケートでは「緊急事態宣言解除後、国内旅行は3か月以内に65.2%、海外旅行は6か月以内に47.0%が再開意向」「最初の旅行はマイカーを利用した国内旅行が46.9%、片道2時間圏内の近場の温泉が人気」
となっているので、ここでも飛行機はしばらく乗らないという方が結構多くANA・JAL株主優待券販売の利用も少ないような気がします。

当サイトの動き

サイトのうごきは

ここのところの当サイトのANA株主優待番号通知(全日空株主優待番号通知)・JAL株主優待番号通知(日本航空株主優待番号通知)の動きですが、先週末から少し増えてはいます。
ただ本格的にANA全日空株主優待番号販売・JAL日本航空株主優待番号販売が回復していくとは、まったく考えていません。
今ANA全日空株主優待番号販売・JAL日本航空株主優待番号販売をご利用されいるかなりの方は、緊急事態宣言中に移動するほどではないが移動が自由になれば少しでも早く出かける必要のある方が多いと思うからです。
以前からANA株主優待券(全日空株主優待券)・JAL株主優待券(日本航空株主優待券)の現物を購入していただいている方で、今のところ感染者0の福島県にお住いの方からANA全日空株主優待番号通知・JAL日本航空株主優待番号通知をご利用ついでにお電話をいただきました。
いつもゴールデンウィークと年末年始に飛行機で帰省しているお客様です。
計画的に帰省するときは早割を利用されていますが、急な帰省には今ままでもANA株主優待券(全日空株主優待券)・JAL株主優待券(日本航空株主優待券)を当店でお買いいただいてました。
今回はコロナで帰省ができなかったとのことですが、すぐにどうこうということはないのですが親御さんがお年もかなりいっておられて、体調がすぐれないそうです。
次に帰省できるのは8月で、こんな災難続きの年だと8月にも台風やコロナ第2波とかで行けない可能性もあり、年末だとやはりかなり先の感じがするので今の間に顔を見ておきたいということで、ANA株主優待番号販売(全日空株主優待番号販売)・JAL株主優待番号販売(全日空株主優待番号販売)をご利用されたとのことです。
帰省していいものかどうか悩まれたようですが、感染者0であるということもありANA全日空株主優待番号通知・JAL日本航空株主優待番号通知をご利用されました。

今ANA株主優待番号通知(全日空株主優待番号通知)・JAL株主優待番号通知(日本航空株主優待番号通知)を買いになっているのは、不急不要と急を要する方との間にいるような方が多いような気がします。
そういった方が一巡した後は、またしばらくはANA全日空株主優待番号販売・JAL日本航空株主優待番号販売も動きが止まるのではないかと考えています。

価格の動き

価格は動く

今、ANA株主優待券(全日空株主優待券)・JAL株主優待券(日本航空株主優待券)の買取相場は少し上がっているような気がします。
これも一時的な先ほどのようなケースを含む需要の高まりが反映しているのではないかと考えています。
緊急事態が解除されたからといって企業は第2波への警戒もあるでしょうし、自宅でのテレワークからいっきに飛行機に乗っての出張というのも考えづらいと思います。
個人についても、まず日常生活が普段通りになることが先で、旅行のようなイベントごとは後回しになるはずです。
そのイベントである旅行の中でも、まずは日帰り→自家用車での近距離の泊り→最後に飛行機を使っての遠距離の旅行の順番で復活していくのではないでしょうか?
そう考えるとANA株主優待番号通知(全日空株主優待番号通知)・JAL株主優待番号通知(日本航空株主優待番号通知)の販売が、かつてのように戻るのは年単位の話になってくるかもしれません。

もしそうだとするとANA株主優待番号通知(全日空株主優待番号通知)・JAL株主優待番号通知(日本航空株主優待番号通知)販売の価格はしばらくは安いままかもしれません。

« ANA・JAL株主優待券に付きまとううわさ | 営業再開のお知らせ »