2021年1月29日

宮古島の皆様へ・・・

皆様へ

宮古島の皆様へ

ニュース

ANA・JAL株主優待券の販売サイト「ANA・JAL株主優待即納サービス」をご覧いただきありがとうございます。

ニュースでもありますように、沖縄県の宮古島がで大変な状態のようです。
本題に入る前にこのANA・JAL株主優待券販売ブログをご覧いただいている皆様にお願いです。
当面の間、どうしてもという事情がない方は宮古島へ行かないでください。
今までこういったことをこのブログで書いたことはありませんでしたが、一部の船を除き宮古島は飛行機でしか行けない島です。
飛行機が商売の「ANA・JAL株主優待即納サービス」なので、0.00001%位は責任があると思うのでこの場でお願い申し上げます。
また以前のANA・JAL株主優待券販売日記にも書きましたが、ANA・JALは収束後に宮古島への路線増設を計画しています。
宮古島への路線増設のブログ記事はこちら
そうなればもっとアクセスが良くなるはずですから、今しばらくは我慢をお願いします。
ところで他地域でも減便が続いていますが、少し以前のブログで「減便にも関わらず格安優待券がの価格が上昇していますが、継続して上昇する可能性はかなり少ないというのではないか?」と書きましたがいまのところその通りの動きになっているようです。
以前の減便と価格に関するANA・JAL株主優待券販売日記はこちら

 

宮古島へのアクセス

宮古島

宮古島には本島に宮古空港と、本島へ橋で渡れるみやこ下地島空港があります。
みやこ下地島空港はジェットスターやスカイマークが就航していますが、当面の間は運休しているようです。
宮古空港へはJALグループのJTA(日本トランスオーシャン航空)やRAC(琉球エアコミューター)が羽田や沖縄県内から、ANAが羽田・関空・中部や沖縄県内から路線を設けています。
沖縄県内は別にして、その他のエリアからは当サイトのANA・JAL株主優待券販売を利用するとかなりの割引になりますので本来はお勧めしたいところですが、今は是非お控えください。
もしどうしても必要があって搭乗される方は、搭乗予定の便に変更があるかもしれませんので必ずJALやANAの運行状況をご確認ください。
ANA全日空の国内線運行状況のお知らせはこちら
JAL日本航空の国内線運行状況のお知らせはこちら

宮古島の状況

宮古島の海

さて、島がどういった状況かですが、新聞やネットのニュースによりますとかなり深刻なようです。
まずYAHOOのトップ画面には『宮古島 事実上の「封鎖」』と衝撃的な表現です。
中身を見てみると『宮古島 事実上の「封鎖」』という表現ではありませんでしたが、内容的にはそう表現していいようなものになっています。

沖縄県はニュースが配信された前日の26日、10歳未満から90代以上の男女84人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しています。

 

« ANA・JAL株主優待券で松山へ | カニシーズンはANA株主優待券で鳥取へ!! »