2022年9月1日

セントレア空港ってどんなところ?

セントレア

東京から名古屋への交通手段は?

交通手段

「セントレア空港って名前がおしゃれ」「行ってみたいな」と思いながらも、東京から名古屋へはいつも新幹線を利用。
英語で中部地方を意味する「central」と空港を意味する「airport」を組み合わせて作られた「セントレア」というおしゃれな愛称を持つ中部国際空港。
格安ANA・JAL株主優待券を販売している立場としては首都・関西圏に次ぐ中部圏の空港くらいは知っておかないと。
そういうことでこの度やっと、そのセントレア空港に行ってきました!
今回のANA・JAL株主優待券販売日記は数回に分けて「セントレア空港から始まる行き当たりばったりの1泊2日プチ名古屋旅」をお届けします。

そもそもなぜ東京―名古屋間で飛行機を使わないかというと、それほどお得感を感じないから。
飛行機で約1時間、新幹線だと約1時間半と乗っている時間は飛行機の方が短いけれど、空港までの時間や料金を考えるとお得感は無い。チケット代も私の場合、名古屋行きが決まるのがたいてい急なため早割等の利用が出来ない。
当サイト販売の格安ANA・JAL株主優待券でもまずお得にはなりません。
そして問題はフライト数の少なさ。
対する新幹線は、本数なんて数えたこともないくらい駅に行けばいつでも乗れるし、東京は始発のため自由席でも座れる。
旅の予定を細かくたてるタイプでは無いので、新幹線利用の場合はとりあえず駅に行き、乗れる新幹線に乗る。用事に間に合えば何時発でも大丈夫。早く着いたら現地でうろうろすればいい。

ではなぜ東京-名古屋間の飛行機はこんなに本数が少ないかと調べてみると、どうやら「名古屋→東京→国際線へ乗り継ぎ」もしくは、「海外→東京→名古屋」の需要を取り込むことが狙いらしい。
つまり、国際線とうまく接続できる時間帯にしか飛ばしていないということ。
なるほど。

そういうわけでなかなかセントレア空港を利用する機会が無かったのですが、今回地方から名古屋に移動する予定があったため、これはチャンスと飛行機で名古屋へ飛ぶことにしました。
ちなみに、東京―名古屋間の移動は飛行機と新幹線どちらがお得かを詳しく比較したサイトがありますのでこちらも参考にしてください。

さて、ANA・JAL株主優待券販売日記では過去にも空港について取り上げた事はありますが、記事の中の一部分や空港内でのスムーズな移動方法などでしたので、空港自体を取り上げるのは今回が初めてになります。
→富山空港の展望デッキについて触れた記事
→新千歳空港・那覇空港内の移動について書いた記事

それでは、飛行機に乗らない方でも楽しめる「中部国際空港セントレア」の魅力をさっそくご紹介していきます。

セントレア空港とは?

セントレアとは

「中部国際空港(セントレア)」は中部エリアの空の玄関口として、平成17(2005)年に国際空港として開港。
国際線と国内線が同一ターミナルの左右にあるうえ、到着フロアが2階、出発フロアが3階とシンプルで分かりやすく、国際線や国内線にスムーズに乗り継ぎができるとても効率の良い空港になっています。

到着ロビー前 上がると出発ロビー

同じフロアに国内線・国際線ロビー

そしてこちらの空港の見どころは滑走路に向けて伸びた全長300mの屋外展望デッキ。総ウッド張りの屋外デッキで、飛行機の離着陸を間近で楽しむことが出来ます。
そのほかにも、ご当地グルメが味わえる飲食店やお土産屋さん、そしてセグウェイ・ガードツアーなど遊べる空港となっているのです。

セントレア空港に到着

到着

さて念願のセントレア空港に到着し、荷物をコインロッカーに預け時計を見ると10:30前。
名古屋初日の予定は19:00から。空港を出る時間をざっくり逆算していざスタート。

朝が早かったため少しお腹も空いているし、まずは腹ごしらえと行きたかったけれど、お目当てのお店は11:00オープン。
という事で、早速先ほども紹介した展望デッキへ。

展望デッキ

空港内の矢印に向かって進み展望台に出ると、目の前にはまっすぐに伸びたウッドデッキが。
長さ約300メートルのウッドデッキを挟んで右側が国内線、左側が国際線。
午前中という事もあり人も少なく、天気がいいので空気も気持ちいい。
回りに大きな建物も無く対岸まで見える景色も最高。
さっきまで機内にいたため一段と感じる解放感。自然に伸びと深呼吸してしまう。

滑走路まで一直線のデッキ。せっかくなのでと真ん中を堂々と歩いていると、両脇を男の子達がダッシュして追い越していく。
気持ちは分かる!この直線は走りたくなる。

駐機場にはANA・AIRDO・IBEXが。

駐機場

尾翼マーク一覧

デッキにはビューポイントや飛行機ウォッチングポイントの案内板、そして各航空会社の尾翼マーク一覧などがあり、国際線に詳しくない私でも楽しめる。
それに駐機している飛行機だけでなく、働いている方たちの様子が間近で見られる。
飛行機の運搬には、多くの人たちが関わってるんだなぁと毎度のことながらしみじみ感じ歩いていると、大きなエンジン音が。
一番奥にいたIBEXエアラインズが離陸するために動き出した様子。
滑走路に向けて進んでいくIBEXを見ている間にANAのプロペラ機が着陸。
小型のプロペラ機はなんだか可愛いらしい。

プロペラ機

旅を終えたプロペラ機は誘導されながらゆっくりと駐機場へ。
そうこうしているとIBEXが離陸体制に。
カメラを持った飛行機ファンのいる、滑走路に近いデッキの先端に私も急いで向かいIBEXをお見送り。
飛行機の「今飛んだ」というあの離陸時のふわっとした瞬間が大好きな私。体感するのはもちろん、飛び立つ瞬間を見るのも好き。

デッキの端にて

そろそろランチに向かおうと出入り口まで歩いていると、なにやらANAが着陸する様子。
うーん。やっぱり見届けたい…。
着陸から駐機場へ戻るところまでしっかりと見届けてしまい時計を見ると11:00前。
これは離着陸を見ていたらキリが無い。
デッキにはベンチもあったので後でゆっくりとコーヒーでも飲みながらそこで休憩しようと決め、やっと展望台を後に。

今日のANA・JAL株主優待券販売日記はここまで。
次回は空港おすすめランチから。

追記
セントレアにはなかなか体験できないシミュレーターの操縦体験できる場所がります。
記事にしましたのでこちらの販売ブログをご覧ください。

« ちいさな島ですがキラリと光るお店が! | 空港内で食べる・遊ぶ »