2021年6月30日

ANA・JAL優待券で食べる楽しみ

20210630

格安ANA・JAL株主優待券なら「ANA・JAL株主優待即納サービス」へ!!
いつも御利用ありがとうございます。

このブログではご当地グルメの話題を取り上げることがよくあります。
当サイト販売の格安ANA・JAL株主優待券をご利用の皆様にとって観光目的であれば当然現地で美味しいものを食べたいと思われるはずですし、出張でも食事位は楽しみたいと考えられている方が多いので記事にする回数も自然と多くなっています。
ANA・JAL株主優待券販売日記のスタッフ自体が食いしん坊なのもかなり影響していますが、そんな私どもはご当地グルメに関して気を付けていることがあります。

当サイト「ANA・JAL株主優待券販売日記」のこだわり

こだわり

まず、初めてその食べ物を食べる時は現地で食べる。
都内をはじめとする少し大きな都市ですと、日本全国のものが簡単に手に入るようになってきました。
以前は少なかった郷土グルメも専門店が出来たり、ファミレスや定食チェーンなどでも提供されたりすることが珍しくなくなってきました。
また都内であれば各県のアンテナショップのようなところでもいろいろなものが手に入るようになってきています。
最近はコンビニでも季節的に地方グルメを取り扱うところさえ出てきました。
しかしANA・JAL株主優待券販売日記がその食べ物を初めて口にするときは、出来るだけこのようなところでは食べないようにしています。

なぜそうしているかですが、食材や味付けはその場所の気候や雰囲気と大きく関係しているはずです。
絶対に現地で食べた方がおいしいはず。
なんでもそうですが第一印象はすごく大事です。
第一印象で好きになったものは、その後もそう変わりません。
どうせなら好きなものが多い方がいいと思いませんか?
当サイトの格安ANA・JAL株主優待券販売をご利用の方のお客様の中には、現地以外のところで食べてもそんなに印象は変わらないのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

現地が一番

一番

お土産で食べ物を買って帰ったあと、現地での印象とは違っていた経験をされた方はいらっしゃいらないでしょうか?
沖縄のオリオンビールは現地で飲むと美味しいけれど、内地で飲むと全く違う味がするようだというのは何人もから聞いたことがあります。
以前、この当サイトの格安ANA・JAL株主優待券販売をご利用の皆様にオススメしたサロマ湖の宿のカニも持って帰ると、どうしても現地で食べるのとは印象が違います。
→サロマ湖の宿の記事はこちら

随分以前では札幌ラーメンは現地を訪ねる観光客には人気があるのに、それ以外のエリアにはなかなか根付かなかったようなこともありました。
そのようなことで、初めての場合は一番おいしいであろうその地方に行った時に食べるようにすることで、できるだけ自分が好印象を持ちやすいようにしています。
少し話がそれますが以前京都に滞在した時に現地の知人の誘いで洋食屋さんにご飯を食べに行きました。
当時はなぜ京都で洋食なのかと思いましたが、実際食べてみるとなぜかいつも食べているものとは違うおいしさがあります。
その時は単なるどこにでもあるようなオムライスでしたが、それがなぜだか美味しいというか体が欲していたような感じがしました。
翌々考えてみると、前日の夕食もその日の朝食も和食でそれも京都風の薄味。
その薄味が続いた後に洋食ということで、正反対というのか落差というのか、違いがはっきりしていることで更に美味しく感じたのと、実際に体が欲していたのではないかと思います。
後で聞いた話ですと京都には老舗から食堂的なところまで、結構有名な洋食屋さんがあるようです。
京都は中華料理もかなり他の地方とは違う独特のものがあったり、ラーメンも京料理のようにアッサリではなくこってり系が多いのも、薄味和食との対比でよりおいしく感じるからかもしれません。

話を戻しますと、京都以外の地方でも目的の郷土グルメ以外の食べ物が知らない間に引き立て役になっていてより味を引き出していることもあるのかもしれません。
少なくともその土地の水はその食べ物に一番合っていて、縁の下で引き立て役になっているような気がします。
正確な理由はわかりませんが、その土地のものはその土地で食べるが一番だと信じているのでANA・JAL株主優待券販売日記では初めて食べるものはその発祥の地方で食べるようにしています。

都内で旅気分

旅気分

しかし都内のアンテナショップや地方グルメを食べさせてくれるお店を否定しているわけでは決してありません。
旅行先での良い思い出を普段の生活で再現できるのは、大変ありがたいことです。
また実家を離れて生活している人などが、気軽に故郷の味を楽しめるのも魅力的なことだと思います。
特にコロナ禍で帰省できないようなことが続くと、非常に価値が高いように思います。

ANA・JAL株主優待券販売日記でこんな風に、近くと現地のお店を使い分けています。
でも最近は都内に出店するくらいのお店は、地元でも評判の味自慢で東京でも勝負できるくらいの裏付けがあることも多いので、今後は考え方を変えないといけなくなってくるのかもしれませんね。

« これだけはこだわりたい!! | 祝 奄美大島世界遺産登録 »