2021年10月15日

座間味へ!!

座間味へ

泊港を出港!!

泊港を出港

さあいよいよ座間味に向かいましょう。
その前に座間味は離島でまだまだ台風の可能性のある季節なので一応注意をしておきましょう。
以前に離島での台風対策についてブログにまとめていますので、よろしければ御覧ください。
離島での台風への備えについて書いたANA・JAL株主優待券販売日記はこちら
当サイト販売の格安ANA・JAL株主優待券販売をご利用の場合は那覇空港から泊港に移動後、出港すると座間味島までは高速船だと約1時間、フェリーだと約2時間の短い船旅です。
短いとはいっても船に弱い方にとってはどうしても気になってしまうのは船酔いです。
船酔い防止法については以前のブログでもご紹介してますので、是非ご覧ください。
船酔い防止策について書いたANA・JAL株主優待券販売日記はこちら

ここでいつも悩むのは船に弱い人に高速船かフェリーのどちらをお勧めするかです。
揺れはフェリーの方がかなり少ないですが、乗用時間は高速船だと半分です。
実際に乗船すると海況にもよりますが、高速船の場合ですと那覇の港の沖にある防波堤を通過するまでの5分位と慶良間諸島の中に入ってからの15分位はかなり揺れは少なくなります。
外洋を通過している時間、高速船で40分・フェリーで80分ほどが波の影響を強く受けます。
酔いにくいのはフェリーですが、一旦気分が悪くなってしまうと長時間我慢しなければならないので難しいところです。
で結論は・・・

座間味には高速船で

高速船で

高速船ならもし酔っても短時間ですし、島について気分が持ち直してから行動しても時間があるので、基本的には当サイト販売のANA・JAL格安株主優待券を御利用の皆様には高速船を推すことにします。
高速船で途中ナガンヌ島などを見ながら40分ほどすると慶良間諸島の中に入ってきます。
便によっては先に阿嘉島を経由しますが、それでも70分ほどで座間味に到着です。
到着時は以前ブログに書いた小笠原の父島の入港ほどではありませんが、それでもこのあとの島の滞在中では目にすることがないほどの人で混雑します。
小笠原父島の入港時の記事はこちら

到着すると島でのアクティビティを予約している場合はお店が迎えに来てくれていることがあります。
港のターミナルを抜けると信号がありますが、この横断歩道を渡ったところが島で一番の集落です。
集落には商店や小さなスーパーや飲食店もあるので、観光客が必要な一通りのことはそろっています。
小さな集落なので宿泊される場合はチェックイン後にひと回りして見られたらいかがでしょうか?
集落はゆっくり回っても20分もあれば十分。
新しい建物が多くなってきてはいますが、古民家が点在していて魔よけのシーサーなど写真に撮ってみるのも面白いと思います。
自由気ままに暮らしている猫たちもいて、島時間を一層のんびり感じさせてくれます。
海沿いを海に向かって左の方に向かうと琉球式の立派なお墓などもあり、沖縄の離島である実感がわいてくると思います。

集落をひと回りしたらまずは予約不要のビーチはいかがでしょうか?
私共販売の格安ANA・JAL株主優待券を御利用の皆様にまずご紹介したいのが「古座間味(フルザマミ)ビーチ」!

古座間味ビーチへGo!

古座間味ビーチへ

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで星2つを獲得したビーチです。
行き方は港からは村営バスで5分ですが、徒歩でも20分程。
レンタサイクルでも行けますがちょっとした峠を越えますので、電動アシストの方がかなり楽です。
途中に展望のいい場所があったり、パパイヤの木が自生したりして歩いて行っても結構楽しめます。
ビーチの遊泳期間は11月後半までなので、これから夏を取り戻しに行こうとする方でも十分に間に合います。
ビーチの入り口にお店もありマリングッズを持っていっていない時はレンタルもあるので便利です。
これからの季節で少し寒いような場合はこちらではウェットスーツも借りられます。
またANA・JAL株主優待券販売日記一番のオススメは防水水中カメラ!!
かなり高額なものなのでダイバー以外ではなかなか持っていないと思いますが、ここでは2500円でレンタル出来ます。
詳細はこちらレンタルショップ比嘉ホームページへ

海の中はサンゴに熱帯魚!!
クマノミなど逃げない魚もいますので、お子様にもオススメです。
もう1つオススメのビーチが、港からは「古座間味ビーチ」と反対の方角にある「阿真ビーチ」!!
こちらはビーチシュノーケリングでウミガメを見ることができます。

ウミガメも見れるビーチ!!

ウミガメが見れる

こちらもアクセスは徒歩だと20分程で途中に昔映画「マリリンに逢いたい」のモデルになったマリリンの像があります。
さらに進んでいくと阿真集落がありますが、こちらは港周辺よりさらに素朴な集落でビーチ付近以外は静かで、少し前の座間味の雰囲気を残しています。
「阿真ビーチ」は先ほども書いたようにウミガメが居付いていることで人気のビーチです。
サンゴや熱帯魚の種類や数は「古座間味ビーチ」よりは少ないですが、これだけ簡単にウミガメに出会えるビーチはなかなかありません。
ウミガメは食事中のことが多いのでシュノーケリングでは水面からこの姿を見ることになります。

ANA・JAL株主優待券販売日記的に効率的にウミガメを見つけるコツは、そこそこ人が泳いでいるようなら砂浜から沖を眺めること。
ウミガメのいるあたりには人が集まってきます。
人が集まる場所を見つけたらそれから向かっても、ここのウミガメはあまり逃げないので十分間に合います。
以前のブログでご紹介した夢を叶えるカメのように触るのはNGです。
これから来る人の為にもカメを追いかけたりして怖がらせないようにしましょう。
夢を叶えるカメさんのブログ記事はこちら

今回のANA・JAL株主優待券販売日記では簡単に行ける座間味のビーチをご紹介しましたが、次回はもう少し本格的に海を楽しみたいと思います。

« これからでも楽しめる那覇近辺の離島 | 世界で2番目にきれいな海 »